九重親方の健康法 20代の体を保つ方法 たけしのみんなの家庭の医学

スポンサードリンク

九重親方、いくつになっても若々しいですね。現役時代には、横綱千代の富士として大活躍し、ウルフの愛称で親しまれました。

現在57歳。とても若々しく、体の中身は20代並みだそうです。それにはやっぱり秘訣があるようです。

その九重親方が、たけしのみんなの家庭の医学「有名人から学ぶ!!若返りスペシャル」に出演し、その健康の秘訣が分かりました。

健康の秘訣は、
1.夕食から朝食の時間が長いこと。
2.良質なたんぱく質を取ること。
3.炭水化物を控えること。

この夕食から朝食の時間が長いことで、これにより空腹時間が長くなることで、脳が反応し、成長ホルモンが分泌されるとのこと。これにより筋肉を十分に維持していると思われるそうです。

他に、相撲の健康法と言えば、貴乃花親方の「シコアサイズ」が有名です。これは、お相撲で言うところの四股を踏むというエクササイズです。

相撲の中でも有名な四股ですが、キレイな形で四股を踏むってとっても難しいのです。

まず、身体が前かがみになって、姿勢がまっすぐにならない、四股を踏んだまま身体を90度まで落とすことができない、とやってみると自分の体が硬いことが分かります。

第一、脚があのようにきれいに上がりません。身体が柔らかく、筋肉がしっかりしている証拠ですよね。四股をキレイに踏むことができたら、体の軸がぶれないで身体の歪みも治りそうです。

スポンサードリンク:

太っているお相撲さんのやっていることが、ダイエットになったり20代の体を保つ秘訣だったりと、学ぶところがたくさんあるんですね。


関連記事
サブコンテンツ

このページの先頭へ