アキレス腱の太さでわかる心臓病のリスク ためしてガッテン

スポンサードリンク

突然襲ってくる狭心症や心筋梗塞。原因は動脈硬化や血管内のプラークですが、それを引き起こす要因として、コレステロールが指摘されてます。

心筋梗塞になると、胸やみぞおちの痛み、左肩や背中の痛み、呼吸ができない、吐き気、冷や汗などの症状が現れます。

心筋梗塞にならないためには、日常生活に気をつけることですが動脈硬化は気が付かないうちに、徐々に進行していきます。

日頃から肥満や高血圧になっている人なら注意しますが、女優の天海祐希さんのような方でも、心筋梗塞を発症してしまうのです。

心筋梗塞は、原因となる要因を正確に把握し、生活環境を改善したり治療すれば、リスクを回避することができます。

実は、だれでも簡単に血管の状態を確認する方法があり、その方法で、心臓病を激減させた国があります。

スポンサードリンク:

その国はオランダ。チェック方法はいたって簡単、自分のアキレス腱を指でつまむみ太さを確認することです。

一般的なアキレス腱の太さは、10mm以下ですが慢性的な高コレステロールの人の場合、アキレス腱の太さが、10~20mmと太くなってくるそうです。

これは、血液中のコレステロールや中性脂肪がアキレス腱に付着してしまい、どんどん太くなってしまうため。アキレス腱の幅が、15~20mm未満注意、20mm以上は危険状態だそうです。

アキレス腱が太い人は、心臓病リスクが13倍高いといわれる家族性高コレステロール血症の可能性があります。家族性高コレステロール血症とは、もともと遺伝によりLDLコレステロールが高い体質の病気の人をいいます。

実は、水泳の北島選手の好敵手で突然亡くなったオーエン選手もこのタイプであり、死因は心筋梗塞と言われています。

家族性高コレステロール血症の人は、遺伝的にコレステロールを処理できない体質のため食事、運動、節酒など、いくらやっても下げることはできません。また、肥満とは関係がなく、スリムの体形の人にもいます。

アキレス腱が太くなる理由は、アキレス腱は常に負荷がかかり痛みやすく、筋肉の血管にコレステロールが貯まりやすい構造になっているためです。

アキレス腱にコレステロールが溜まりやすいということは、全身の血管の壁も同じ状態にあり、心臓の血管も同じ状態にあります。心筋梗塞で亡くなる人の10%はこのタイプだと言われ、日本には、30万人~60万人いると言われています。

スポンサードリンク:

●アキレス腱のチェック法
①アキレス腱の後ろが膨らんでないか
②厚さが2cm以上ないか

●こんな人は要チェック
・LDLコレステロール 180以上
・家族が心筋梗塞・狭心症(男性55歳未満 女性65歳未満)

アキレス腱のチェックの他、LDLコレステロール値が180以上、家族に心筋梗塞・狭心症(男性55歳未満、女性65際未満)の方がいる人は家族性高コレステロール血症の可能性がありますので、病院へ行って治療を受けてください。

病院では、アキレス腱のX線検査や、遺伝子検査などで診断し 治療をしてくれます。

この検査方法については、日本ではあまり実施されてませんでしたが、2012年の動脈硬化性疾患予防のガイドラインの中で、アキレス腱検査の重要性を強調していますので、今後は実施されていくとのことです。

動脈硬化や血栓が心配な人は、血栓やプラークを溶かす成分といわれる「納豆成分」に、血液をサラサラにする青魚成分「DHA・EPA」がミックスされた、小林製薬の『ナットウキナーゼ』のようなサプリもありますので、安心のために飲んでおくといいかもしれませんね。

PR:血管を詰まらせたくない人に

1袋単位で注文できて、金額も1,620円(初回1,134円)と手頃なので、DHA・EPAサプリを買うよりお得です。とにかく、動脈硬化予防に効果的な食材は、「納豆」のようです。


関連記事
サブコンテンツ

このページの先頭へ