南房総の本物あまちゃん AMA48のプロモーションビデオが大人気

スポンサードリンク

NHK あさドラで大人気の「あまちゃん」。主演の天野アキ役の能年玲奈ちゃんがいい味出していますね。東京生まれで、わずか1年間、母の実家で生活しただけなのに、なぜか岩手の方言全開。

出演者も、小泉今日子さん、宮本信子さん、薬師丸ひろ子さん、松田龍平さんと大河ドラマに負けない豪華キャストです。

脚本家 宮藤官九郎さんのテンポがよくって、何が起こるかわからストーリー展開とアイドルデビューの裏舞台、昭和時代の折込みなど、楽しさいっぱいです。

実は、NHKあまちゃんより、2年前にデビューした「元祖!あまちゃん」がいるそうです。

場所は、千葉県南房総の白浜町。本物の海女さんたちが、南房総のPRのために人肌脱ごうと、なんとAKBばりに歌とダンスを披露!

ama

2分40秒のプロモーションビデオを制作しネットで公開しました。そして、今あまちゃんブームで一気に拡がり、大いに盛り上がっているそうです。

実際、千葉県南房総、白浜の海女さんは、約400人いるそうです。5月1日~9月10日の解禁日に海に潜って、サザエ、アワビ、伊勢エビなどをとって生活しています。

皆さん、1回で1分~1分30秒の潜水で、10mの深さまで潜れるそうです。

三陸海岸はちょっと遠いですが、千葉県南房総なら都心から東京湾アクアラインで2時間程度でいけます。

「南房総の海の幸食べ放題バスツアー 」もいっぱいでていますので、今夏、お出かけになってみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク:

白浜地区の海女さんは、1931年には2143人いたのが、現在は158人まで減少し後継者不足に悩んでいるそうです。

でも、NHKの朝ドラ「あまちゃん」が始まって状況はかなり変わってきたそうです。

今年の白浜海女祭りで行われた、海女の衣装が似合うのを競う「海女コンテスト」には若い女性が参加し、大いに盛り上がったそうです。

現在、海女さんの平均年令はなんと70歳。そんな中、実際、若い人が海女さんになりました。

鈴木直美さんは、海女さん歴5年。東京生まれの東京育ち。海女になりたくて南房総に移り住んだそうです。

南房総で海女漁をするためには、最低1年以上地元に住んで、漁業権を獲得することが必要だそうです。

海女漁をするときは、オレンジ色のシャツを着る、タンクやウェットは禁止など、細かい規定があります。

採るのは、季節によりサザエ、アワビ、伊勢海老。朝9時から4時間で100回ほど潜ります。

この日は、あわび9枚とって2.5kgで手取り1万5千円。海が好きな鈴木さんは、他の仕事は考えられないといいます。

スポンサードリンク:

南房総のAMA48、まさしく、本物のあまちゃんですね。


関連記事
サブコンテンツ

このページの先頭へ