心臓病の人を救う一心でつくったカテーテル 心筋梗塞8万人の命を救う

スポンサードリンク

筒井宣政氏さんは、かつて樹脂加工会社 東海高分子化学の社長でした。1968年に生まれた、次女の佳美さんに先天性の心臓病が見つかりました。

筒井さんは次女の治療のため手術費用として2千万円を用意しましたが、当時の技術では手術は不可能であることを告げられてしまいます。

筒井さんは、用意した2千万円を同じ病気で悩む人のためにと、研究機関に寄付しようとしましたが、東京女子医大の医師から、人工心臓の開発をすすめられてそうです。

筒井さんは、そのアドバイスに応じて1981年に、自らの力で佳美さんを助けようと、人工心臓の開発メーカー、東海メディカルプロダクツを立ち上げます。

スポンサードリンク:

まったく専門外の医療分野で、すべて一から学んでのスタートでした。しかし、人工心臓の開発には多額のお金がかかるため途中で断念さざるを得なくなり、当時日本にはなかったバルーンカテーテルの開発に切り替えます。

バルーンカテーテルとは、動脈硬化で血管の狭窄したところを太ももなどの太い血管から柔らかい管(カテーテル)を挿入し血管を膨らまして治療するものです。

バルーンカテーテル
<東海メディカルプロダクツさんのサイトより>

心臓や脳疾患の患者の命を救う緊急救命手術として、今では当たり前になりましが、当時はすべて輸入物で行っていました。

そのため体格の違う日本人には、サイズも長さも合わず治療後に合併症を起こす例が多発していたそうです。

筒井さんは、日本人の体形と、身長、血管の長さ、太さを徹底的に調べ、日本人向けのバルーンカテーテルを開発します。

サイズも、S、M、Lと3タイプを用意し、小さな子供さんでも対応できるものを作りました。

カテーテル造影
<東海メディカルプロダクツさんのサイトより>

開発されたバルーンカテーテルは、1989年12月に発売されましたが、佳美さんは1991年23歳で亡くなられたそうです。

筒井さんは、心臓機能を一時的に補助するらIABPバルーンカテーテル、狭窄した血管を拡げるPTAバルーンカテーテル、2006年にはがん細胞に抗がん剤を投与する世界一細いマイクロカテーテルなど次々と開発しました。

筒井さんは1941年生まれで、今年73歳。「一人でも多くの人の役に立ちたい」その揺るぎない信念のもとに、筒井さんは今でも開発を続けています。

スポンサードリンク:

筒井さんと佳美さんの話しは、テレビ東京ルビコンの決断 2010年9月16日放送「7万人の命を救った奇跡の医療器具~愛する娘が教えてくれた命のものづくり~」でドラマ化され、多くの人に感動を与えました。


関連記事
サブコンテンツ

このページの先頭へ