ペットの熱中症に注意!対策と便利グッツ あさイチ

スポンサードリンク

暑さも本番を迎えるようになると、毎年注意されるのが熱中症。その熱中症は人間だけでなく、かわいいペットにも注意することが必要。

どちらかと言えば、毛がふさふさしているペットの方が危ない。6月以降動物病院へ運ばれているペットが増えているそうです。

●動物病院の先生の話
夏場の動物病院で脂肪率の高いのが熱中症です。人間は汗をかいて気化熱で熱を逃がすのですが犬の場合手足くらいしか熱を逃がすところがありません。そのため熱中症にかかりやすいんです。

ハアハアして、体が熱くとおかしい思ったら、冷やしてあげること冷たい水を飲ますのも有効です。

熱中症が続くと腎臓や肝臓、などの大切な臓器をやられてしまい生死にかかわる状態になってしまいます。

熱中症かなと思ったら、とにかく動物病院へ連れってください。

●ペット熱中症のチェックポイント
・体温が高くなる
・呼吸があらくなる
・よだれが出る
・目が充血
・嘔吐、下痢
※呼びかけに反応しない、ケイレンが起こる場合は、即病院へ

スポンサードリンク:

●対処方法
・クーラで室温を下げる
・タオルを濡らして体に巻いてやる(直接水をかけるとショック状態になるので注意)
・首とか脇の下に保冷剤でひやす
・水分補給も大切

●夏場の毛のカットの注意
犬などの毛を短くかってやると日よけ効果がなくなり、かえって逆効果の場合もあります。

正しいカットの仕方は、毛の長さを保ちながら、密度を減らすということが有効です。

首や内股、わきの下など太い血管のあるところを重点的にすいてください。

●便利グッツ
・冷却シート 冷たいジェルが入っていて体を冷やしてくれます。
・ペット用のドリンク 水分やミネラル入りのペットボトル
・冷却スカーフ 首筋の血管を冷やします
・保冷剤入りのベッド
・冷感スプレー
※ペットボトルに水をいれて冷やしておくと、いろいろ使え便利です。

スポンサードリンク:

節電の今年は、かわいいペットにもしっかり熱中症対策をしてあげたいですね。


関連記事
サブコンテンツ

このページの先頭へ