疑似夫婦 定年夫の昼食作る度離婚を考える

スポンサードリンク

「ノンストップ」(フジテレビ)のタイトルが気になりましたので^^、ちょうどそのお年頃ということで、ちょっと考えてみました。

ilm08_bd01010-s

定年前まで夫は、ほとんど家に居ない状態。送り出した後、妻は、自分の自由な時間がたっぷりあるわけです。

自分の好きなように家事をしたり、趣味に励んだり、友達との交友を持ったりと、私達50代~60代は仕事や親の介護のない限り、結構楽しめる世代なんですね。

ところが定年して夫が家にいると、何をするにも夫の目が気になったり、夫の世話で自分の好き勝手なことができないストレスが溜まります。

気にしなければ良いと思っても、夫もひとりの人間ですから、それはそれで夫を立てなければマズイと思ったり。

今までひとりの昼食は、自分の食べたいもので簡単に済ませたり友人とランチをしたりと自由気ままでしたが、夫がいるとそうもいかない。

スポンサードリンク:

「何でも良い」と言われるとますます考えるし、「これが食べたい」、「あれが食べたい」と言われると、カチンとくることも^^;

定年夫の昼食がストレスになり、作るたびに離婚を考える妻が増えていると言います。分かる気もするし、それは甘すぎる!と言う意見も。

当サイトは、中高年のための情報を配信しているサイトですが、「夫にさわりたくない」と言う検索キーワードが多いことに現実を垣間見ます。それでも夫婦を続けていかなくてはいけないのが現状なんでしょうね。

離婚、離婚と言ったところで、そう簡単に離婚できないことを一番知っているのは、「妻」なのです。

スポンサードリンク:

年齢を重ねた夫婦は、いたわり合ってこそのその深みが増すと思います。お互いほんのちょっとの思いやりが持てると随分違ってくると思うのですが、それができたら苦労しないよ!と言う声が聞こえて来そうです。


関連記事
サブコンテンツ

このページの先頭へ