老人施設やホームの介護職員の高齢者虐待が過去最多

スポンサードリンク

最近、ニュースで施設内での高齢者虐待が取り上げられることが多くなりました。

施設の中でも、手足を縛ったり、殴ったり、わいせつ行為をされるという事件まで起こっています。

高齢者虐待

厚生労働省は、2015年に特別養護老人施設で発覚した、職員による高齢者虐待は408件であったことを発表しました。

なんと、前年比36%増え、過去最高だったそうです。

このデータは、特別養護老人施設だけの調査のようなので、老人ホーム施設全部をあわせたら、かなりの数になると言われています。

虐待されていることを本人自身が知らなかったり、言えなかったりするケースもあるので、真相はもっと深刻なのかもしれませんね。

どんな虐待がされているか、厚生労働省の調査で明らかになりました。

虐待の種別

1.身体的虐待 殴るける  478人(61.4%)
2.心理的虐待 暴言を吐く 215人(27.6%)
3.介護放棄 おむつを変えない 100人(12.9%)
(2015年特別養護老人施設での高齢者虐待:厚生労働省)

虐待を受けるのは、要介護度3以上の人が、全体の8割を占めるそうです。

スポンサードリンク:

虐待する理由

1.認知症の理解不足 246件(65.6%)
2.職員のストレス、感情コントロール 101件(26.9%)

理由としては、職員の認知症に対しての理解不足、ストレスなどが上げられています。

一見するとりっぱな介護施設にもかかわらず、介護現場の質は極端に低いところもあるので、気をつける必要がありますね。

介護現場の質をしっかり確認

介護業界では人手不足が蔓延しており、労働時間も長く収入も低いので、せっかく入ったいい人材が次々とやめていってしまいます。

それを補うため経験や知識もない人材を雇わざるを得ず、このような事件が多発してしまう原因と言われています。

いくらりっぱな設備をもった施設でも、管理する人、介護する人の質が低ければ、介護を受ける人にとっては最悪の施設です。

小さくて設備もあまり良くないけど、家族のように接してくれる介護施設が一番いい施設なのです。

見極めるには施設を訪問して、ある一定時間過ごしてみることです。特に食事の時間などの時、介護職員がどうケアしてくれているか見るとよくわかります。

また、介護職員の表情や言葉使い、入居されている方の態度や笑顔などを、よくよく注意してみると施設の管理状態がわかります。

忙しく睡眠不足だったり、心に余裕のない介護職員の表情には、笑顔あありません。また、全体的な雰囲気がギスギスしています。

よい施設を選ぶには余裕をもって事前に探しておくこと

設備や部屋の大きさ、ディサービスの併設やカリキュラムの多彩なメニューなどに目を奪われがちですが、一番大切なのは介護に対する方針や気持ちです。

介護を利益追求の手段としてだけ捉えている企業も数多く参入していますので、しっかり見極めることが必要です。

「介護を通じて社会活動に貢献する」ことが企業方針として明確になっていて、それが管理や職員にわたる隅々まで浸透している施設を選びたいですね。

色々な施設から資料を取り寄せて絞り込み、それが実践されているかどうかを、訪問、面談して確認するくらい慎重にすすめることが大切です。

スポンサードリンク:

急に必要性に迫らて選ぶと「近いから・・、空いていたから・・」と安易に決めてしまうことがあります。

そうなる前に余裕をもって調べておき、良い施設だと思ったら予約しておく位の気持ちでいると、よい施設が選べます。

良い施設や老人ホームを見つけるなら老人施設.comで資料請求


関連記事
サブコンテンツ

このページの先頭へ