グランドジェネレーションと定義づけられる団塊の世代

スポンサードリンク

グランドジェネレーションとは、脚本家で放送作家の小山薫堂氏が提唱する新しいシニア層の定義です。

この定義によると、グランドジェネレーションは、定年退職の時期に差し掛かっている団塊の世代の人たちのことを指し、積極的で行動的、何事にもこだわりを持つ世代と認識されています。

子供も育ちあがり、仕事の上でも社会的責任を果たし、人生の楽しみ方を積極的に模索している人も多くいることから、大手スーパーのイオンでは、この世代をターゲットに売り場を展開するよう方針をシフトしています。

イオンと言えば、若い夫婦をターゲットに、週末と言えば、小さな子供いる家族連れでにぎわっているようなイメージが湧きますが。

スポンサードリンク:

この若い世代のための売り場より、シニア世代のための趣味の売り場を強化し、衣料では、加齢による体形変化をカバーする独自商品を展開しています。シンプルなデザインで、「国産」と言うところもこだわりが分かりますね。

趣味の売り場では、たとえば自転車や旅行グッズ、世界のワインなどの酒類、カルチャースクールの隣に講座で使用する材料や教材、関連書籍も購入しやすいよう気を配られています。

また、食品売り場では総菜からスイーツまで、小分けパックや量り売りを充実させています。

このように、大型スーパーは、新しいシニア層「グランドジェネレーション」をターゲットに 趣味の専門売り場の充実、少量・適量ニーズへの対応、わかりやすい売り場編成、医療サービスの提供などを推し進めているわけですが、これは、グラジェネだけでなく、どの層にもうれしいサービスであることも確か。

スポンサードリンク:

「シニア」と呼ばれるのに多少の抵抗を感じるグラジェネ世代、「グラジェネ」と言う言葉が、世に浸透し、もっと一般的な言葉になる時代がもうすぐやってくるのでしょうか。


関連記事
サブコンテンツ

このページの先頭へ