耳裏で乗り物酔解消 テントで寝ると不眠が治る

スポンサードリンク

都会の喧騒と仕事のストレス、昼夜を問わず昼のように明るい街、そんな中睡眠障害の人が増えています。

テントで寝ると不眠が治る

最近は、スマホの普及により寝床に入ってからも明るい画面を見ているため、体内時計が狂ってしまう人が多いとか・・。

そんな不眠症に悩む方に朗報です。テントで寝ると不眠症が治るそうです。

テントで寝た経験のある方はわかると思うのですが、テント内は、ほとんど外と同じ状態ですから、朝は日の出とともにどんどん明るくなってきます。

夏などは、4時ころから明るくなって6時には暑くて眠れなくなってきます。

この自然と一体の感じが体内時計の狂いをリセットしてくれるでしょうか・・

私たちの子供の頃は、空一面に広がる満天の星空をながめ星座盤で星の名前を覚えたり・・なんて光景もあったのに、都会近郊では星をほとんど見ることができませんよね。

スポンサードリンク:

また、耳裏で乗り物酔いが解消できるそうです。私は、子供の頃から乗り物酔いで酔い止めを手放せず、大人になっても、メリーゴーランドで酔って経験があります。耳裏で乗り物酔いが治れば、これは助かります。

秋のレジャーの新常識ホンマでっか

●テントで寝起きすると不眠症が治る
●人口の光の中で生活すると体内時計が2時間遅れる

●不眠症を治す6つの方法
①朝の散歩
②窓際の机で仕事
③昼の散歩
④TV,PCは就寝2時間前から見ない
⑤夜は照明を控えめに
⑥部屋を真っ暗にして就寝

●メラトニンには卵子を若く保つ働きがある

●温泉宿の値段でリラックス度が大きく変化する
●値段が高い温泉宿は満足度とストレス値が高い
→大衆的な温泉宿の場合、気を遣わずリラックスしやすい為、ストレス値が低い傾向

●アウトドア派の男性はサンダー(雷)に要注意
●落雷で死亡する割合は8割が男性
●身に付けた金属が落雷の危険を防ぐことも

●キノコ狩りは、満月・新月の翌日が大量
●雷を当てることでキノコがたくさん生える
→人工の雷を地面に一瞬当てるとキノコの量が2~3倍に増加
●雷でキノコがヤバイ!と感じ子孫繁栄のため増殖する

●秋は子供に勉強させるよりレジャーに連れていけ
●1㎏800万円するキノコが存在する

セミタケやツクツクボウシタケのように、昆虫の亡骸に生えるキノコ。冬虫夏草と言い、疲労回復、精神安定、血行・肩こり・耳鳴りなどを改善。

●乗り物酔い予防には、耳裏マッサージ
耳裏の骨下部辺りにめまいを止めるツボが密集している

乗る前に耳の裏を約30秒押すだけで酔い止め効果がある。乗り物酔いは心理面の影響が強いので、酔わないと思い込むことが重要。

●グループウォーキングがうつ病治療に効果的
●歩きながら話すと本音を言いやすい

スポンサードリンク:

●キノコ狩りをすると女性のテンションがUP
●触るだけで手がただれるキノコがある

カエンタケと言い、山などごく自然に生えているため触らないように注意が必要。


関連記事
サブコンテンツ

このページの先頭へ