「ゼロ葬」遺骨も葬儀もお墓もなにも無しの葬儀 クローズアップ現代

スポンサードリンク

ゼロ葬という言葉を知ってますか?「ゼロ葬」とは、最近、注目されている葬儀のことで、ゼロ葬の『ゼロ』は何もしないことの「ゼロ」を意味します。

「葬儀不要、お墓不要、戒名不要、遺骨は火葬場で処分」と、死の儀式をまったく行いません。

葬式

仏壇も戒名もなくお墓を買う必要もありませんから、費用もかからず遺族に迷惑をかかけることもありません。

遺体を入れる棺だけは、インターネットで前もって買っておき、火葬場へはそれを使って運ぶそうです。

火葬が終われば、すべておしまい。ですから、法事もお墓の管理もありません。

まさに、シンプル極みの最期の迎え方になります。死後、誰にも迷惑をかけたくないと思う人が、この「ゼロ葬」を望んでいるそうです。

お金がかかり過ぎる死の管理

確かに、人が亡くなると時間とお金がかかります。亡くなる数日前から、身内が集まり寝ずに見守り最期を看取ります。

亡くなったらすぐに病院からの遺体の搬送、死亡証明書、親戚知人への連絡、葬式の打ち合わせ、お坊さんの手配、お通夜、葬式、精進落し、香典返し・・と、

ほんとうに悲しみも寝る間もなく、故人をおくるための準備に追われます。

葬儀が終われば、仏壇、お墓、納骨式、法要、管理費など、亡くなった後も次から次へと手間とお金がかかってきます。

これまで当たり前だと思っていた、この日本式葬儀は一切不要というのが「ゼロ葬」なのです。

ゼロ葬にすれば、誰にも迷惑をかけることもなく死後お金もかかることもありません。そう思う人が、このゼロ葬を選んでいるそうです。

NHKクローズアップ現代では、最近注目されている「ゼロ葬」にスポットを当て、最新の弔い事情に迫りました。

スポンサードリンク:

クローズアップ現代でのゼロ葬

最近、遺骨の行き場がなく亡くなってしまう例が増えています。

行き場の無くなった遺骨には、以下のようなサービスがあります。
●「預骨(よこつ)」遺骨を一時預かる
●「迎骨(げいこつ)」遺骨の引き取りサービス
●「送骨(そうこつ)」宅急便で遺骨を送る

行き場のない遺骨が発生する理由は、引き取る家族がないことが圧倒的に多いと言います。

引き取る家族がいない遺骨は、離婚したのに元夫や元妻に遺骨を引き取る様に求められるケースがあります。

離婚した元夫が孤独死し、財産もなかったため、元妻に引き取る様に連絡が来ました。元妻は同じお墓に入るわけも行かず、「送骨」と言うサービスを利用して元夫の遺骨を宅急便で送りました。

シニア婚では「迎骨」のケースが紹介されました。

熟年結婚した夫婦は、お互いの親戚とも付き合いはなく、夫が亡くなった後、年金で慎ましく暮らしている妻はお墓を作る余力がありませんでした。

妻は、「迎骨」と言うサービスを利用し、迎えに来た担当者に喪服を着て夫の遺骨を託しました。

遺骨の引き取りを拒否する人もいます。

葬儀社が一次的に預かっていた遺骨を引き取るようにお願いすると、借金で苦労させられた夫に愛情はなく、引き取りたくないと言うことでした。

スポンサードリンク:

番組で紹介された例は、家族がいないため遺骨を引き取る人がなく、引き取り手が見つかっても経済的な余裕がないための「ゼロ葬」でした。


関連記事
サブコンテンツ

このページの先頭へ