年金で損をしないため 歯痛の時の味噌は間違った常識?

スポンサードリンク

慌ただしい年末ですね。何もしないのに12月と言うだけでソワソワしてしまうのは私だけでしょうか?そんな年末に「ソレダメ!」で紹介されていた「知ってて損はしない」情報をご紹介します。

紹介された内容は・・・
・大掃除の前に窓を開けてはいけない?
・子供が帰省した時にやってはいけないこと
・長生きするためのソレダメ!
・年金で損をしないためのソレダメ!
・歯が痛い時は味噌を塗る?
・お尻のアナにネギを入れると風邪が治る?
・1年で1番スリの被害が多いのは「初詣」
・生卵はゆで卵にしておけば長持ちする?
など

また、防犯には砂利を敷くととても効果的なんだとか・・オードリーの若林さんが絶賛していました。

もう知っている?いや、知らなかった?色々な情報がありますが、目からウロコの得する情報もありますので、ご参考に♪

知ってて損はしない情報

●窓のサッシを濡れた雑巾で拭くのはダメ
→ 古い歯ブラシの首の部分をライターなどで温めて曲げたものでごみを掃き出す

●お風呂掃除のとき先に水を抜いてはダメ
→ 水垢はお湯のラインにつきやすいので、ラインに洗剤をまきしばらく待ってから掃除する

●お風呂場に洗濯物を干すのはダメ
→ 干す前に浴槽の天井にカビ取り剤をまき、よく乾燥させる

●子どもが帰省するときお布団を干して、叩いてはダメ
→ 普段使っていない布団は、ダニの数が使っている布団の2倍
ダニの一部は死にますが、ほとんどが生き残り、帰省時にアレルギーショックを起こす可能性があります。

●防犯に画期的な音がなる防犯砂利

大手総合警備会社ALSOK(アルソック)で売り上げ1位の人気商品です。価格は、一袋7kgで3240円。

この砂利の上を歩くと、粒と粒が触れ合って大きな音を出します。重さは、普通の砂利の約10分の1、音の大きさは80dBほどで交通量の多い道路ほどの大きさです。

●泥棒ホイホイ

吸着力の強いマットに泥棒が乗ると、靴や手袋が張り付いて離れないマット。このマットの粘着力は強力で、一度貼りつくと人の力で取ることができません。

手袋や靴など残された証拠品から犯人を追跡することが可能です。71cm×88cmで価格は25,000円。

●癌になるので焦げは食べてはダメ
→ 1日1トンのコゲを数か月食べ続けないと癌の可能性もでるレベル

●歯が痛いときは味噌を塗る
→ 歯の周りをコーティングをする意味では一時しのぎになる

●生卵はゆで卵にしておくと長持ちする
→ 生卵の消費期限は2~3週間、ゆで卵は、2~3日
生卵に含まれる酵素の働きが熱をいれることで失われ卵の腐敗を勧める

スポンサードリンク:

●米のとぎ汁でフローリングを磨くとワックス効果?
→ 昔の無垢材の床であれば効果がありますが、フローリングはワックス加工済みなので、効果がありません。とぎ汁に含まれるでんぷんがカビの栄養やダニのエサになってしまうこともあり、おススメできません。

●牛乳を飲んで二日酔いを防ぐ
→ 一時的に牛乳の膜は作られるが、アルコールですぐに洗い流されてしまう。
最近注目されているのが、トマトです。トマトを食べながらアルコールを飲むと、血中アルコール濃度が下がると言われています。

●太巻きはラップで巻いてから切る
→ そのまま包丁で切ると海苔が伸びて上手く切れません。ラップを使うと海苔が伸びるのを防いてくれるので、上手に切れます。この技は、ロールケーキやサンドイッチなどにも利用できます。

●冷凍マグロを解凍するときは、2つのアルミの鍋の底ではさむ
→ アルミの鍋底ではさむことで、周りの空気の温度をすぐに接触しているマグロに伝えられる

●オレンジの皮でシンクを磨く→ソレダメ
シンク掃除に適しているのはジャガイモの皮です。
オレンジの皮には動物性の油分を分解するリモネンと言う成分が含まれ、油汚れを分解する効果がありますが、シンクのようなデリケートな部分は傷をつける可能性があります。
ジャガイモの皮は、同じ方向に磨くと「くもり防止」になります。

●バナナの靴を磨くとピカピカになる
バナナの成分、タンニンが革を柔らかくし汚れを落とします。黒などの濃い色の皮製品に効果的だそうです。

●ほうれん草のゆで汁でシミを抜く
ほうれん草に含まれるシュウ酸には、水溶性のシミを落とす効果があります。

●生のニンニクを入れた水でうがいをする
ニンニクの濃度ははっきりわかりませんが、効果があるようです。

●年金は、60歳から70歳の間でいつもらうか自由に選択できます。
60歳からもらい始めた場合は月額約45,000円、65歳からの場合は月額約64,000円、70歳からの場合は月額92,000円です。

スポンサードリンク:

年金で一番得するのは、70歳からもらい始め、82歳まで石にしがみついてでも生きることです。


関連記事
サブコンテンツ

このページの先頭へ