亭主への仕返し弁当 ちょいちょいパパにブチ切れ妻の反撃

スポンサードリンク

気に入らないことがあると、すぐに「ちょい、ちょい」といってクレームをつけてくる亭主。こっちが忙しくても調子が悪くても、まったくお構いなし・・。

嫌がらせ弁当

自分の思い通りにならないことは、何でも文句をつける「ちょいちょいパパ」にお悩みの方、けっこう多いのではないでしょうか。

そういうタイプは、管理職の男性に多いそうですよ。会社で部下に向かってしている行動が、家に帰ってきてもそのままでてしまうとか。

管理者風を吹かして、自分では何もせず全部人にやらせようとする大迷惑な亭主。「私はあなたの部下ではない!」と言いたいですよね。そんな管理職は、会社でも嫌がられるに決まってますけどね。

そこで、妻側から反撃として「仕返し弁当」なるものがあります。お昼どき楽しみにして、ご自慢の弁当のフタをあけた時に渾身の一発を見舞います。

スポンサードリンク:

「なし」という紙切れ一枚、さつまいも1本や、白飯の上にノリ文字で書かれた、「毒」「バーカ」「ムカつく」「ハゲ」は、まだまだ序の口。

生ピーマンの詰め合わせや、ゴキブリや昆虫、芋虫もどきのおかずもあるようです。「仕返し弁当」でネットをググれば、芸術的な仕返し弁当の写真がたっぷり見れます。女性を侮るとこうなるという、カタログのようですね。

この日本の仕返し弁当、海外でも話題になっているようです。そこに書かれていたコメントは、日本人妻の愛情が感じられる・・うらやましい・・など賞賛の嵐。

てっきり悪口と思っていたのが驚きですよね。実は他国の妻たちは、こんなおかずいっぱいのお弁当なんて作らないそうです。

手のこんだ弁当を、喧嘩した翌日にも作ってくれるなんて、どれほど日本人妻は夫を愛しているんだろう・・・という解釈がされ、外人夫からのコメントが寄せられるそうです。

日本人夫婦の唯一の会話が、弁当のノリ文字メッセージという家庭もありますから、一概にそうも言えないのですけどね。

スポンサードリンク:

炊事、選択、掃除、弁当を作るのは当たり前、女房の仕事と思っている旦那さん「それは大きな間違いです!」。妻と喧嘩した翌日は、気をつけてくださいね。


関連記事
サブコンテンツ

このページの先頭へ