1日3時間で月10万円稼ぐ主婦の副業ハンドメイド商品 私の何がイケないの?

スポンサードリンク

今、ハンドメイド商品で稼ぐ人が増えています。

ハンドメイド商品の取り扱いは、2011年には10万点だったのですが、2014年には300万点と30倍に、市場規模は8673億円に拡大しているそうです。

背景には、個人が簡単にネットショップを開設できる仕組みができたこともあります。

「BASE(ベイス)」や「STORES.jp」「ZEROSTORE(ゼロストア)」などの無料ネットショップや、ハンドメイド専用ネットショップなどもお店もどんどんできて、個人が気軽に販売できる環境ができています。

難しい知識や手続きは一切不要。わずか数分でネットショップに商品を並べて、手軽に販売することができます。そのため、自宅にいながら稼げる新副業として、子育て中のお母さんが利用しています。

●ハンドメイド商品1日3時間制作して月に10万円
手芸歴13年の女性は、子供が幼稚園に行ったあと1日3時間制作時間をついやし、月に10万円稼いでいます。

つくっているのは、にぎにぎストラップ1個1500円で、月に20個ほど売れるそうです。

自分のお小遣いにもなるし、家計の助けにもなると大助かりだそうです。

スポンサードリンク:

●女優伊藤かずえさんがハンドメイド販売に挑戦
伊藤かずえさんは手芸の実用書を出版するほどの本格派。

合計13点を、東京自由が丘になるハンドメイド商品を扱う専門店「デリシュー」で委託販売をしました。

委託販売の場合には、販売価格を自由に設定し、売れた場合販売金額の50%をお店に支払う仕組みとなっています。

トートバック7000円、コットンシャツ3600円、ブレスレット7800円、スクールバックセット3000円、手作りウェディングドレス3万円など、合計13点を出品しました。

●月収100万円以上稼ぎだす女性のいる話題のネットショップ minne

minneは、利用者数200万人以上 商品点数130万点で、ファッションから壺や花瓶も販売しています。出店するには、ホームページで会員登録し3分で終了。商品のコメント、値段を入力し写真をアップするだけ。

スポンサードリンク:

販売された時には、手数料として10%引かれた料金が支払われます。


関連記事
サブコンテンツ

このページの先頭へ