こんまりこと近藤麻理恵の常識を覆る衝撃の片づけ術

スポンサードリンク

片付けと言えば、「こんまり」さんと言うほど、片付けのプロとして活躍する近藤麻理恵さん。「人生がときめく片付けの魔法」は多くの女性から支持を受けています。

konmari_book

そんな片付けの女王「こんまり」さんが、世界一受けたい授業で、これまでの常識を覆る衝撃の片づけ術を紹介してくれます。

普通の人が陥りがちな片付けの罠を良く熟知しているだけに楽しみですね。

片付けのノウハウを紹介した本はたくさん出ていますが、それを買って読むもののなかなか実践できず、1回片付けてもすぐに散らかってしまう家って本当はとっても多いそうです。これを片付けのリバウンドと言うそうです。

1度は綺麗に片付いても、それを維持するのが大変なのは、よ~~くわかっています^^;

こんまりさんは、片付けのコンサルタントも請け負い、今まで個人レッスンを受けた人で、片付けのリバウンドを繰り返した人は、ゼロだそうです。

そんな片付けが苦手な人のために、一度片付けると散らからない、これまでの常識をくつがえす片付けとはいったいどんなものでしょう。

スポンサードリンク:

ものが捨てられない理由は、たった2つ。過去に対する不安と未来に対する不安だそうです。これがこんまり流片付け術の「捨てる」ことを成功させるカギになります。

①場所ごとではなく物ごとに片付ける
衣類、本類、雑貨、思い出の品の順番に片付けます。衣類から始めるのは、成果が一番わかりやすく、モチベーションを保てるため。ときめかないものは、処分します。

買ってしまってもったいないと思う過去への気持ちと、いつか使うかもしれないという未来への気持ちは捨てることが大切です。

また、卒業証書はとっておかなくて良い、片付けは音楽を聞きながらやらないほうが良い、洋服は立つようにたたむなどのポイントがあるようです。

スポンサードリンク:

さすがに、こんまりさんに個人レッスンを頼むのはちょっと無理なので、「人生がときめく 片づけの魔法」を読んでみようと思います。


関連記事
サブコンテンツ

このページの先頭へ