ふるさと納税でカニや高級牛肉をもらう方法

スポンサードリンク

ふるさと納税ってご存知ですか?一度くらいは聞いたことがありますが、よくわかりませんよね。

正式には、2008年4月30日に公布された「地方税法等の一部を改正する法律」と言うそうです。

税制不足に悩む地方の自治体対策としてのものですが、このシステムがとってもお得なんです。

好きな自治体に寄付金を申し込んで、寄付金として納税すれば、2000円を超える部分に関しては、所得税より全額控除され(上限は、個人所得税の1割限度)しかも地方自治体より、寄付のお礼として地方の名産品が送られてきます。

kani_R

特産品は、カニや高級、魚介類、お酒やお米まで、お国自慢の品がなんでもあります。好きな特産品から納税する自治体を選びこともできます。

例えば、松葉がにが食べたいなら、鳥取県に10000円の寄付をすると、11月~2月に「松葉がに」が1枚(14000円相当)送られてくるようです。鳥取県庁では、年間1億の寄付金が見込めるそうです。

そして、確定申告すると寄付金の分の8000円が、税金控除され戻ってきます。

スポンサードリンク:

各自治体とも、寄付金の額によって、送られてくる特産物のコースが設定されており、寄付金4000円以上からもらえるようです。

●手続き方法
①次自体に「ふるさと納税」の申込み
②納税方法の連絡
③寄付金支払い(クレジットカードが使える自治体もあります)
④領収書が届く(特産品が届く)
⑤その領収書で確定申告をする
⑥翌年の税金(所得税、住民税)が控除されます。

スポンサードリンク:

ネットにも、各自治体のふるさと納税の色々な情報が紹介されていますので一度、試してみてはいかがでしょうか。


関連記事
サブコンテンツ

このページの先頭へ