高齢者家族の行動を広げる、141万円で買える福祉車両 

スポンサードリンク

この頃、よく見かけるようになった車椅子のまま乗り込めたり、椅子が動いて乗り込める介護施設のお迎車。

一般的に福祉車両といわれ、普通の車に改造を加えて作られている車です。

種類もいろいろあり、車いすごと乗れるタイプ、回転シートタイプ、地面近くまで降りてくる昇降シートタイプなどがあります。

スポンサードリンク:

福祉車両は、普通の車より30~50万円ほど高くなりますが、消費税が非課税だったり、障害者手帳をもっている家庭では、自動車取得税や自動車税が減免だったり、自治体からの支援を受けることができるケースがあるそうです

スズキで販売している軽自動車、ワゴンRの福祉車両は、助手席に昇降シート車が付けられいて、リモコンで回転し、座りやすい高さまで降りてくる電動式の昇降シートタイプです。

hukushi

とてもよくできていて、値段も141万7000円と割安。もちろん、電動椅子は普通の椅子と同じく使え大人4人がゆったり乗れる設計になってます。

この1台さえあれば、高齢者がいても旅行に行ったり病院への送り迎えも、本当にらくになります。

高齢者は足腰が弱ると、外出することも思うようにならず、ついつい家にこもりがちになってしまいます。

気兼ねしないで生活できる老後生活は、私たちの一番望む社会であり、高齢化社会の大きな課題です。

スポンサードリンク:

福祉車両が、一般家庭でも当たり前のように使われいくつになっても、旅行に行ったり、買い物に行ったり気兼ねせず外出できる、やさしい社会になってほしいですね。


関連記事
サブコンテンツ

このページの先頭へ