女性のアルコール依存症の恐怖 Jチャンネル

スポンサードリンク

東京町田市にある病院 よしの病院は、アルコール依存症の専門治療を行っています。

女性が数年前よりどんどん増えていき、現在は倍以上数が入院しているそうでです。

また、傾向として若い人が増えてきているそうです。

夫のDV、無視、言葉の暴力、会社の倒産などアルコール依存症になった理由も、人それぞれのようです。

アルコール依存症は脳が麻痺した状態ですから、理性とかには関係なく、脳が生理的にお酒を欲しがってしまいます。

アルコール依存症は、ストレスなどが影響しており、酒の摂取量で発症するという基準はなく、個人差あります。

アルコール依存症は薬などで治すことはできず、一度飲み始めると絶対にコントロールできなくなります。

そのため、現在の治療法は、お酒を一滴も飲まないということしか方法はありません。

お酒を完全に断ちながら、毎日一歩づつお酒との関係を絶っていきます。

お酒は適量なら百薬の長、しかし飲み方、飲む環境次第では毒薬となってしまいます。

スポンサードリンク:

アルコールの分解能力も年齢とともに衰え、お酒にも弱くなってきます。お酒は、明るく適量を楽しみましょうね。(^-^)


関連記事
サブコンテンツ

このページの先頭へ