洗濯物が臭う タオルの臭いの解消法 ゆうどきネットワーク

スポンサードリンク

梅雨時期、洗濯物が臭いと思ったことはありませんか?特に、タオルは顔に触れるため、臭いを感じやすくなりますね。

洗濯物の臭いを防ぐために部屋干し用洗剤等が出回っていますが、なかなか効果を実感できないのが現状です。

最近、この臭いの原因菌がモラクセラ菌 だと分かってきました。モラクセラ菌は、雑菌の中でも特にくさい臭いを発し、また乾燥にも強くやっかいな菌です。乾燥させれば臭いが飛ぶと思っていると大間違い。

部屋干しは、天日干しに比べると、菌が1万倍以上も繁殖するそうです。そうはいっても、雨の日には部屋に干すしか方法がないお家もあるのでは?

その場合、リビングに干さないで、浴室に干すと良いそうです。と言うのは、リビングには換気扇がなくても、浴室にはほとんど換気扇がついており、換気扇は、洗濯物の湿気を吸い取る効果があります。

また、扇風機で風を送ると効果が倍増するそうです。 扇風機は、洗濯物から蒸発した湿気を飛ばしてくれる働きがあります。

一度ついてしまったタオルの臭いを取る方法は、熱湯に1分間つけるだけ。これで、臭いの原因菌がほとんど死滅するため、臭わなくなります。

スポンサードリンク:

家族から、「タオルが臭い」と言われる前に、対処したいのですが、一度洗濯したタオルを、もう一度濡らすのは、ちょっと面倒ですね。


関連記事
サブコンテンツ

このページの先頭へ