声とリズムで脳を刺激!中華鍋、ゴルフへの活用術 ためしてガッテン

スポンサードリンク

言葉と脳の関係の特集です。声を出しながら動くと、眠った能力を引き出してくれるそうです。

そういえば、剣道や武道なでの気合や、テニスでの発声など身近なところで、声の効果に接することがありますね。

それには、脳と密接な関係があるそうです。

●脳と体の関係
何かをするときに、頭によぎる邪念が筋肉や動きを阻害してしまうそうです。

しかし、声を出すと体の動きが、大脳に邪魔されず本来の能力が発揮されます。

スポンサードリンク:

●声のリズムとの関係
運動をはじめた段階は、動きを大脳で考えながらしているのですが、何度も練習していると考えなくても動けるようになるそうです。

その時の役割は小脳。小脳は音やリズムに対して非常に敏感だそうです。ですから、リズムのあるノリのある音に対しては、体を合わせやすくなります。

【日常生活で役立つ声の出し方】

★ゴルフのティショット・・「スーッ・ガァァァー」と言いながら、
スイングすると飛距離が伸びるそうです。

★パター・・「スー・スー」、引くときに「スー」、打つときに、同じ
長さ・強さで「スー 」と声を出すと、距離感がつかめるそうです。

★卵焼きを上手にひっくり返す・・「タンタン・ポーン」
タンタンは膝だけでリズムをとり、ポーンで膝と手を
連動させひっくり返す。

★中華鍋でチャーハンを上手に炒める・・「サッサッサッ」
小さい「ッ」を意識して、「サッサッサッ」と声に出す。3回目の「サッ」で大きく返すとかえしやすい。

<★ビンのフタを気持ちよく開ける・・「グゥゥゥゥ」
「ゥ」を意識して声だすと、筋力が発揮され開けられる。声を出すと握力が3kgアップするとか・・

★アイロンできれいにシワを伸ばす・・「スーーーー」
「スーーーー」と発声すると無駄な力が入らない。同じように「スーーーー」と発声することで、アイロンや鉛筆などの線もまっすぐひける。

スポンサードリンク:

なんでも声に出してみると、いいみたですね。この簡単で不思議な魔法、お試しください。


関連記事
サブコンテンツ

このページの先頭へ