千葉マリアさん息子2人と薬物の壮絶な闘い 爆報!THE フライデー

スポンサードリンク

千葉マリアさん(64)といえば、松方弘樹さんの愛人で、彼の子供を次男として出産したことで話題になりましたね。

1987年のことですから、あれからもう25年以上もたちます。

その後、参議院に立候補したり、松方さんとの愛人関係や、自身受けた性的虐待などをまとめた告白本「馬鹿でもいいサー」を出版するなどまさに波瀾万丈な人生を送ってきました。

yiba

実は、家族間でも大きな問題があったそうです。ニューヨークでDJ修行をしていた長男が、薬物依存症になってしまったのです。

体重が35kgにやせ細った長男を引きずるように日本に帰国させ、回復させるために全国を駆け回りました。

長男をたち直させるため、薬物依存の勉強を初めて10年。薬物の現状と、女性のための施設が必要性を強く感じたたそうです。

現在は、千葉県の館山に薬物依存症からの回復施設として男性用「館山DARC」と、女性「S.A.R.S千葉」を開設し、同じ悩みを抱え立ち直ろうとしている人を支援しているそうです。

今では、長男は男性用「館山ダルク」の施設長、次男は、メディカルサービス法人の代表となって、家族みんなで頑張っているそうです。

スポンサードリンク:

「還暦を過ぎてからが、私の第二の人生」そう語る千葉さん、頑張ってほしいですね。


関連記事
サブコンテンツ

このページの先頭へ