猪木さん公認モノマネ 春一番さんが47歳で急死!スーパーニュース

スポンサードリンク

アントニオ猪木さんのモノマネで、人気者の春一番さんが47歳の若さで亡くなりました。原因は、お酒の飲み過ぎによる肝硬変でした。

春一番さんは、1985年に芸人を志して、片岡鶴太郎さんに弟子入り、1988年のNHKのドラマでデビューしました。

アントニオ猪木さんの熱狂的な信者であることから、猪木さんのモノマネをするようになり、人気者に。

春一番さんは、猪木さんが唯一公認しているモノマネで、一緒お酒を飲みにいく中だったそうです。

人懐っこく、芸人仲間からも慕われていたそうです。みんなで、何とかお酒を止めさせようとしましたが止められず、2005年、ついに腎不全となり手術を受けました。

スポンサードリンク:

春一番さんが、ICU(集中治療室)で生死をさまよっていた時に、猪木さんがお見舞いに訪れ、気合を入れてもらったとたん、脅威の回復をみせ、見事に復活したという伝説をもちます。

その後、仕事を精力的にこなすほど回復、亡くなる前日まで仕事をしていたそうです。

たけしさんも、なんとかお酒を止めさせようとしたそうですが、最後までお酒はやめられなかったそうでです。

7月1日 仕事を終わり、お酒を飲んで就寝
7月2日 4時頃はいびきをかいて寝ていましたが
朝6時に冷たくなっているのを奥さんが発見したそうです。

肝硬変になると、肝臓の重要な働きである、タンパク質の合成や毒物の解毒ができず、脂質や糖の代謝ができなくなり、毒物が頭に回って、意識がなくなることもあるそうです。

師匠で名付け親の片岡鶴太郎さんは「本当は止めてほしかった・・、酒で笑いができなくなるほど・・もったいない・・・残念です」

春一番さんと同期の爆笑問題さんは「酒と笑いに身を投じるような生ざまだったと思います。人懐っこくて、よく笑い、よく泣き、時にはやっかいな仲間でした」

そして猪木さんからは「贈る言葉にふさわしくありませんが、あえて元気ですかー!!を送ります・・」とのコメントが寄せられたそうです。

スポンサードリンク:

真っ赤なタオルを首に垂らし皆を楽しませてくれた、春一番さん、ご冥福をお祈り申し上げます。


関連記事
サブコンテンツ

このページの先頭へ