緑茶やコーヒーを飲むと寿命が延びる 国立がん研究センターが発表

スポンサードリンク

ニュースZEROで、「緑茶やコーヒーを飲むと死亡リスクが減る」と言う報道がありましたね。

コーヒー

これは、国立がん研究センターが19年間に渡った研究を結果まとめたものです。

調査は、40~69歳の男女約9万人に対し、1日どれくらい緑茶やコーヒーを飲むかを、生活習慣と合わせて追跡調査しました。

●コーヒーを1日3~4杯飲む人は、飲まない人に比べて死亡リスクが24%低い
●緑茶を1日5杯以上飲む人は、1日1杯未満の人に比べて死亡リスクが男性で13%、女性で17%低い

どちらも、飲む人は飲まない人に比べ死亡リスクが低いと言うことが分かりました。

これは、コーヒーに含まれる成分の1つポリフェノーと緑茶に含まれる成分の1つカテキンが血圧を下げる作用があり、コーヒー緑茶に含まれるカフェインが血管や呼吸器の働きをよくしている可能性があるという。

以前から、緑茶やコーヒーを良く飲む人は、がんになる可能性が低いと言われてきましたが、がん研でも認められたとなると、ますます飲む気が起こります。

上記の結果によると、緑茶よりコーヒーの方が若干死亡リスクが低い数値が出ており、どちらかと言うとコーヒーの方がいいのかな~とも思いますね。

今回の発表は、死亡リスクと言うことで、病名は発表されていませんが、コーヒーや緑茶は、ガンの予防効果があるとされていますので、がんで亡くなる人が減少しているのかもしれませんね。

スポンサードリンク:

コーヒーや緑茶のすばらしい効果は、今回初めて発表されたわけではなく、以前から、その良さは何度も報告されています。

以前発表されたコーヒーの健康効果をまとめたものをご紹介します。

●肝臓がん→1日5杯以上コーヒーを飲む人は、肝臓がんの発症率が飲まない人の1/4(国立がん研究センター調査)

●大腸がん→コーヒーを毎日飲む女性は、飲まない女性に比べて大腸がんの発症率が1/2。男性の場合約8割(岐阜大学調査)

●胆石→1日2~3杯コーヒーを飲む人は胆石の発症率が40%減る

●パーキンソン病→1日コーヒーを800㏄飲む人は、飲まない人に比べて発症率が1/5

●子宮体がん→1日3杯コーヒーを飲む人は、飲まない人に比べて60%減。(国立がん研究センター調査)

●脳卒中→1日4杯以上コーヒーを飲む女性は、飲まない人に比べて発症率が20%減。(米ハーバード大学調査)

●死亡リスク→1日2杯以上コーヒーを飲む人は、飲まない人に比べて10%減。4~5杯飲む人は飲まない人の16%減。(アメリカ国立がん研究所)

このような結果を見るとコーヒーや緑茶は、限度はあるでしょうが、飲めば飲むほど死亡リスクが下がると言うことになりますね。

スポンサードリンク:

すばらしい効果が期待できるコーヒーですが、ちょっと値上がりしているのが、残念です。


関連記事
サブコンテンツ

このページの先頭へ