老眼の進行を遅らせる方法はガムを1日10分噛むこと

スポンサードリンク

「老眼は完全に治すことができる ジョブチューン日本の名医」はこちらで紹介してます。

老眼は、自分の老いをはじめて現実的に突きつけられる症状ですよね。

ある日、気が付くと近くのものが見えない。「あれっ?」って思って、ちょっと手元から離してみると良く見える・・。「これって、老眼?」・・と、気付かされます。

目の疲れ

なかなか認めたくないから、老眼鏡やに2焦点メガネを無視しながら抵抗を続けますが、今ではあたり前のようにお世話になってます。

できることなら、老眼になりたくないのですが、それは無理としても、時期を遅らせる方法があります。

老眼は、加齢によって水晶体の弾性が失われてピントを調節力が弱まってしまい起こります。その水晶体を厚みを調整しているのが「毛様体筋」、この筋を鍛えると老眼の時期を遅らせることができます。

スポンサードリンク:

トレーニングは、目の前15センチの位置に人差し指を立て、その延長線の遠くのものと、人差し指を交互に見て、毛様体筋を鍛えるといいそうです。

ガムを噛んで老眼の進行を遅らせる

ジョブチューンのぶちゃけドクターが教えてくれた方法は、ガムを噛むこと。ガムを噛むと、目の周りの側頭筋が鍛えられて、目の調整能力がアップするそうです。

噛む回数の多くなるものであれば、スルメや昆布でもいいそうです。1日1回10分程、ガムを噛むだけで効果があるそうですよ。

また、老眼鏡をかけないでいると、逆に老眼を早めるそうです。無理して見ることで目に疲れが溜まってしまい、老眼を早まってしまいます。

肩こりや頭痛もちの人がメガネをかけると、治る人がいるそうです。目の疲れをとるのに、目を温めるのは効果ありです。

スポンサードリンク:

食べ物では、ブルーベリーも効果がありますが、サケ、イクラなども目の疲労回復にはいいそうですよ。


関連記事
サブコンテンツ

このページの先頭へ