口臭を抑える ベロベロ体操 カチカチ体操 はなまるマーケット

スポンサードリンク

口臭は、自分がどれくらい臭いのか分からなかったり、また、口が臭い人にそのことを指摘できなかったり、結構深刻な問題ですよね。

口臭と一言でいっても、二通りあるようです。

1つは、臭いのある物を食べた時の口臭です。 ニンニクやニラなど臭が強烈な物を食べたときは、それらが体内で消化された後、ニオイ成分が血液を通り肺に運ばれて、息として臭いが外に出ます。

もう1つは、口内の細菌の臭いです。虫歯や歯周病の場合、その菌が増殖するとガスを発生させ、それが口臭の原因となります。

これらの臭いを消すカギは、「唾液」です。唾液の減少する原因は、加齢や緊張、ドライマウスなどがあります。

年齢に関係なく、緊張すると、口の中が乾き、喉がカラカラになった経験がある人も多いのでは。これか一過性のものですが、加齢やドライマウスの場合は、ずっと続くものなので、唾液の分泌を促すことが大切です。

そこで、はなまるマーケットで紹介していた口臭を抑える体操をご紹介します。

ベロベロ体操
口の中で舌の先端をグルグル回す。左右とも10回

カチカチ体操
口を横にイーと広げて歯をカチカチ20回鳴らす

スポンサードリンク:

また、下顎の付け根に唾液を促すツボがあるので、そのツボをマッサージすることも効果的です。


関連記事
サブコンテンツ

このページの先頭へ