リラックス断食と滝行断食はどっちが痩せる?スゴ腕の専門外来SP6

スポンサードリンク

最近、断食が大流行。数年前、伊豆の断食道場がテレビで紹介されから、あっという間に広まりましたよね。

週末だけ行うプチ断食は、ダイエットや美容、健康増進に効果があると、若い女性に人気です。

ダイエット

毎日絶え間なく食べ物が入れられ働き続けている内蔵を、1日だけでも断食し、休めてあげるだけでも随分違うといいます。

断食は、英語で「ファスティング」といいます。英語の「fast=断食する,絶食する」の意味からきています。ちなみに、ブレークファースト(breakfast=朝食)は、断食を破るという意味から、その日の最初の食事=朝食となったそうですよ。

断食というと、お腹が空くのを我慢して・・という感じですが、ファスティングと言われると手軽にできそうな気がしますよね。

日本で行われている「断食」は、苦行ですよね・・・。山伏やお寺の修行僧さんがやる、あの滝に打たれながらやる厳しい修行のような感じです。

一般の人が参加できるものとしては、広島県呉市の野呂山「知足庵」が有名です。ここでのメニューは、修行僧そのもので一切の妥協はありません。

5泊6日の断食滝行修行の費用は、標準で30,000円。最近は、日本人ばかりでなく、外国人の方の参加も多いようですよ。

TBS「予約殺到!スゴ腕の専門外来SP!6」では、現代風断食である「リラックス断食」と、日本古来の宿坊での「宿坊断食(滝行断食)」のどっちが痩せるかの対決をしてました。

どっちをとるかと言われたら、迷わず「リラックス断食」ですけど、実際に痩せるのは、どっちなんでしょうか。

スポンサードリンク:

宿坊断食とリラックス断食

今回は、ユンボ・ダンプの二人が「静山荘」で宿坊断食に、インパルスの堤下さんが「リラックスの森」でリラックス断食に挑戦しました。

宿坊断食2泊3日

宿坊断食は、東京都青梅市 「静山荘」(1泊8640円)で行いました。

宿坊断食の始まりは、水温5度の滝に打たれ、心身ともに清めることから始まります。

これで断食生活を乗り切る精神力を付けます。滝行は毎日朝晩2回行います。

滝行は、冷水により危険信号を感じた脳が、体の持つ機能を活性化させる効果があると言われています。

24時間断食と2回の滝行が終わると、梅干しが食べられます。

3回目の滝行が終わるころには、食欲を感じることがなくなりました。

挑戦したお笑い芸人のユンボ・ダンプの結果です。

体重 106.0kg⇒99.1kg マイナス6.9kg
中性脂肪 121mg/dl⇒67mg/dl
血糖値 110mg/dl⇒64mg/dl

体重 127.2kg⇒123.0kg マイナス4.2kg
ALT 113IU/l⇒75IU/l

リラックス断食2泊3日

リラックス断食は、埼玉県児玉郡の「リフレッシュの森」(1泊10,000円)で行いました。

リラックス断食では、ボクササイズやフラダンス、フラメンコなどで楽しみながら行います。

1日目は、完全な断食ではなく「お粥」が食べられ、夜寝る前にリラックスするためのヨガを行います。

次の日の朝食は、「梅醤番茶」を飲みます。梅醤番茶は、梅を潰したモノと生姜をすりおろした物に番茶を注ぎつくったものです。

昼食は特注の酵素ジュースです。ビタミン・ミネラルを摂取することで栄養不足にならず断食ができます。

その後は温泉に入り、整体とストレッチ。その頃には、食欲も消えリラックス状態になります。

リラックス断食は、感情をコントロールするセロトニンが分泌されることで、ストレスによる過食衝動が抑えられると言います。

苦しい思いを何一つせずリラックス道場での断食を終えた堤下さんの結果

体重 81.7kg⇒78.9kg マイナス2.8kg
腹囲 100cm⇒95cm マイナス5cm

中性脂肪 137mg/dl⇒90mg/dl
血糖値 126mg/dl⇒89mg/dl

スポンサードリンク:

現代と古代という感じのする2つの断食法、私なら迷うことなく「リラックス断食」ですね。


関連記事
サブコンテンツ

このページの先頭へ