足つぼは本当に効くのか 駆け込みドクター!

スポンサードリンク

足つぼは本当に気持ちいいですよね。温泉場にいくと必ず売っている足の裏のツボに分布図。内蔵、心臓など身体のあらゆる部分が足の裏に分布図として描かれ、おもわず納得してしまいます。

足つぼの歴史は古く、古代のエジプトにも絵が描かれていることから約4000年の歴史があると言われています。

ashi

古来、人は歩くことによって、足裏のツボを刺激し体調を整えていたそうで、靴で生活するようになった現代人は、足の裏の刺激がなくなってしまい、いろいろな健康問題がでているとか・・。この説は説得力ありますよね。

足ツボマッサージは、正式には「足部反射区技法」というそうです。風呂あがりにマッサージされると、本当に気持ちよくうっとりしてしまいますよね。

スポンサードリンク:

これだけ人々に支持されている足つぼマッサージなのですが、4月19日放送「駆け込みドクター!」では「足つぼは効くのか?」のタイトルが・・。

そんな訳ないと思いつつ、情報をちょっとチェックしてみたいと思います。

駆け込みドクターの足ツボの情報です

足の裏が、各器官や内蔵につながっていると言われています。東京有明医療大学の川嶋朗先生が説明してくれました。

足裏マッサージは、実は西洋医学の概念で、「リフレクソロジー」と言いアメリカで誕生しました。アメリカ人医師が、足の裏に全身の各器官と対応する「反射区」があると考えたのが始まりだそうです。

その考えが中国を経由して日本に伝わったため、東洋医学のイメージになりました。

近年の研究では、足の裏にある胃の反射区を刺激すると、脳の中の胃に相当する場所が活性化されるなど、効果の理由が機能的に説明されつつあるようです。

押して気持ちのいいところには、その臓器に問題はありそこを押して欲しいという体からのサイン。ゴルフボールを足の裏で転がして刺激するだけで、全然違うそうですよ。

スポンサードリンク:

これなら毎日簡単にできそうですね。足の裏ツボマップを、ネットで検索しプリントしておくと良いですね。


関連記事
サブコンテンツ

このページの先頭へ