キューピットの作り方 ピエール・マルコリーニさんの本格チョコスイーツレシピ

スポンサードリンク

今年もやってくる「バレンタインデー」。この時期になると普段チョコレートのお菓子を作らない人もなんだか作りたくなるから不思議です。

デパートやスーパーは、チョコレート一色になりますよね~。

ピエール・マルコリーニ チョコレシピ

そこで、世界一受けたい授業で紹介していた、ピエール・マルコリーニさんの本格チョコスイーツに挑戦するべくレシピをメモしておこうと思います。

ピエール・マルコリーニさんといえば、ベルギー生まれの高級チョコレート販売店のパティシエでありオーナーです。ベルギーチョコレートは、本当に美味しい!と思います。

ピエール・マルコリーニ チョコレシピ

ベルギーはもとより、ロンドンやパリ、ニューヨークなど世界各都市に展開しています。また、高級アイスクリームの草分け的存在になっています。

世界一のチョコレート職人ピエールさんが教えてくれるチョコスイーツ、楽しみですね~。

ピエールさん伝授のチョコレートスイーツなら、義理チョコではなく本命に送りたいですね(^^)v

スポンサードリンク:

●キューピットの作り方

キューピットは、相手の心を射止めることができる美しいスイーツです。

①ジュレを作る
材料:フランボワーズピューレ180g、ゼラチン2g、グラニュー糖32g

鍋にフランボワーズピューレを入れ、ゼラチンとグラニュー糖を入れてよく混ぜます。

フランボワーズの酸味とチョコレートは最高にあいます。

ジュレは、器の底に沈めがちですが、一番底にあると最後まで食べないとジュレにたどりつけません。そこで、グラスを斜めにしてジュレを流し入れ、この状態で冷やし固めます。

こうすると、一口目から、チョコとジュレのハーモニーが楽しめます。ジュレは、フランボワーズの他ブルベリーでもカシスでも良いそうです。

チョコレートムースの作り方

①チョコレート56gをとかし、そこに温めた生クリーム75gを加えます。

②生チョコの状態になったら、ホイップクリーム150gを加えます。

ポイントは、7分だてのホイップクリームを混ぜることです。完全に泡立てたものは、チョコレートと混ざりにくくなります。

残りのホイップクリームを全部入れて、かるくかき混ぜます。この時、時々ボールを回しながら、泡だて器を上下に動かすと良いそうです。泡立てすぎは厳禁です。

このチョコムースを絞り袋に入れ、先ほどのグラスに入れます。

スポンサードリンク:

チョコムースを入れたら、ホイップクリームを入れ、最後に薄く削ったチョコレートをたっぷり乗せます。

会場大絶賛のキューピット、奥様が作れば夫は惚れ直すそうです^^


関連記事
サブコンテンツ

このページの先頭へ