アサイーの正しい食べ方 おススメは苺と甘酒のアサイースムージー

スポンサードリンク

林修の今でしょ講座で紹介されていた「アサイーの医学的に正しい食べ方」をご紹介します。

アサイーボール

アサイーは赤道直下のアマゾン川流域で育つヤシ科の植物です。紫外線に強い地域で育つ植物なので、強い紫外線に対抗するために色々な栄養素とパワーを蓄えています。

アサイーのメリットとデメリット

アサイーのメリット

アサイーのメリットは、抗酸化作用が強いことです。

私たちの身体は、ストレスや紫外線などで影響で、体内で酸素の一部が活性酸素の変化してしまいます。活性酸素が異常に増え続けると細胞を傷つけ、老化や炎症を引き起こす原因になります。

この過剰な活性酸素を抑える働きがあるのが、抗酸化物質です。抗酸化物質は、細胞の老化を防ぐ働きがあるのですね。

アサイーは、抗酸化物質の他にも、重要な栄養素が含まれています。それは、鉄分です。

鉄分は女性にとって特に必要な成分なんですが、お肌にとってとても重要な役割をしています。

肌の若さはコラーゲンが握っているのですが、お肌をつくるコラーゲンは鉄分がないと作られないのです。

コラーゲンは、鉄分を軸にして、たんぱく質とビタミンCが合わさって初めて作られます。

お肌を気にしていくらコラーゲンドリンクを飲んでも、鉄分がないとしっかりと肌のコラーゲンになってくれないと言うことが分かっています。

アサイーがお肌のための理にかなった食品なのは、アサイーに含まれるポリフェノールが鉄分の吸収を良くするからなんですね。

スポンサードリンク:

アサイーのデメリット

こんなに素晴らしい食品のアサイーですが、鉄分が豊富なため肝機能が低下している人がアサイーを取り過ぎると肝機能障害をおこす可能性があります。

肝臓の悪い方がアサイーを食べる場合は、医師に相談してください。

アサイーのNGな食べ方

アサイーは鉄分が豊富ですが、一緒に食べると鉄分を逃してしまうものがあります。

それは、コーヒーや紅茶、緑茶などの飲み物です。

コーヒーに含まれる成分「タンニン」が鉄分の吸収を阻害してしまうからです。

おススメは、オレンジジュースなどのビタミンCが含まれる食品です。ビタミンCは鉄分の吸収率がとても良くなります。

コーヒーや緑茶などを飲むときは、アサイーを食べてから30分から1時間後が良いですね。

医師おすすめの「イチゴと甘酒のアサイースムージー」

おススメは、苺と甘酒とアサイーを食べることです。

苺のビタミンCで鉄分の吸収がアップします。また、甘酒などの発酵食材は、腸の善玉菌を増やすことができます。

近年、腸の栄養の吸収機能が乱れている人が多く、せっかく食べた食べ物が吸収できない人が多いと言われます。そんな方は、発酵食品を積極的にとると良いですね。

スポンサードリンク:

アサイーは、朝食に摂るとアサイーのポリフェノール効果でその日1日の紫外線対策をしてくれます。ただし、コーヒーや紅茶と一緒に摂るのはNGです。


関連記事
サブコンテンツ

このページの先頭へ