ピンクの電話よっちゃん 熟年太り清水よし子のダイエット 解決!ナイナイアンサー

スポンサードリンク

ぴんくの電話のよっちゃんこと清水よし子さんは現在55歳。産後ダイエットに失敗し、劇的に太ってしまいました。そして、一念発起して2010年にダイエットに挑戦。

そのダイエット方法は、甘い物とお酒、揚げ物を絶つことでした。それに加え、筋力トレーニングとエステに通い、7キロの減量に成功し60キロから53キロに。

この時は、結構きれいになりましたよね。もともと手足は細いので、ダイエットさえすれば、すら~とした体系に見えます。「ぴんくの電話時代」は、相方の竹内都子がぽっちゃり太っていたため、逆によっちゃんは痩せて見えたほどです。

ところが、今日の「解決!ナイナイアンサー」にまたまた中年劇太りのよっちゃん登場!中高年特有の太ったおばさん化していました^^;

スポンサードリンク:

清水さんの太った原因は、セレブであるがゆえのようです。食事は、高級料理の外食。ランチは、3万円のコース。好きなものを好きなだけ食べる食生活を送っていた清水さんは、体重は61キロ、ウエストは95.5cmにもなっていました。

家族からのブーイングで、太ったことを指摘されたよっちゃんは、またまたダイエットに挑戦。

一念発起し、苦しい筋トレに挑戦します。清水よし子さんの成功したダイエットとはどんなものでしょう。

ピンクの電話よっちゃんRIZAPに挑戦

清水よし子さんが選んだのが、徹底したワンツーマントレーニングと食事管理で減量達成率99%を誇るRIZAPでした。

選んだ理由は、高い声で女っぽいと思われていますが、学生時代は陸上部、今でもフィギアスケートをこなす体育系だそうです。

1ヶ月のトレーニングをスタート。しかし、娘さんの付き添いで1周間イタリアでの海外生活が・・。

そこで、イアリアでは急遽、デューク更家さんのウォーキングを取り入れダイエットしたそうです。

そして1ヶ月後、よっちゃんの結果は
・体重55.5kg マイナス6.2kg
・お腹まわり 87.5cm マイマス8cmを実現しました。

スポンサードリンク:

55歳の年齢では、なかなか体重が落ちません。やっぱり芸人魂はすごいですね。私たちも頑張りましょう!


関連記事
サブコンテンツ

このページの先頭へ