むくみ腸改善はヨーグルトに大根とエクササイズが効果的

スポンサードリンク

多くの女性の悩み、肥満と便秘。実は、この2つには関連性があり、その関係をつくっているのは、「むくみ腸」と呼ばれる腸の症状だそうです。

「むくみ腸」とは、運動不足やデスクワークによって腸が動かない状態が長く続き、腸がむくんでしまう状態をいいます。このようになると腸の動きが悪くなり、食物から吸収した老廃物が腸から排出されず腸にむくみが起こるようです。

むくみ腸を改善するエクササイズ

私の場合、1日中パソコンの前に座るデスクワークが主な仕事です。気づくと2、3時間まったく動いていないこともあります^^; こんな時は決まってお腹が張ってガスが滞っているような膨満感を感じています。

こんな時、トイレに行ってもまったく反応がないんですよね。こうやって便秘になる悪循環を繰り返しています。

これを放っておくと、肩こりや頭痛にまで発展するときがあり、何とかしないと・・と思っていたところです。これこそ、むくみ腸だったのですね!

このようにむくみ腸になると、腸の血行不良が起こり、お腹が張ったり肥満になったり、肩こりや最悪では大腸がんのリスクまで高まるそうなので放ってはおけないですよね。

女性の大腸がんが多いのはこのせいなのでしょうか。ちょっと心配ですよね。

そこで、あのニュースで得する人損する人では、このむくみ腸を改善する簡単エクササイズと食事を教えてくれました。食事のポイントはヨーグルト、腸は温めるのが効果的のようですが、果たして・・・

スポンサードリンク:

むくみ腸の症状とは・・

便秘を解消すれば痩せることができると、順天堂大学の小林弘幸先生は言います。小林先生は、便秘の権威として有名なドクターです。

そんな小林先生が、むくみ腸と言う症状を教えてくれました。むくみ腸とは、腸内環境の悪化により炎症を起こした大腸のことで、正常な腸と比べると、腸がむくんで変色していることが分かります。見るからに不健康そうな腸ですね

便秘を長く患うとむくみ腸になる可能性が高いと言います。便秘の状態はレントゲンを撮るとわかり、むくみ腸の人は便やガスがたまっているのが分かります。

むくみ腸チェック
●3日以上便通がないと言う状態が1ヶ月に数回ある
●5年以上下剤を使っている
●お腹がカチカチにかたい
●常に膨満感がある
●便は定期的に出ているが出した後毎回残便感がある
これかが当てはまるとむくみ腸の可能性があります。

むくみ腸で太るのは、むくみ腸になると腸の動きや吸収が悪くなり、食べたものが皮下脂肪や内臓脂肪に溜まり、肥満につながるからです。

P.R
善玉菌のチカラ

便秘を解消し「腸のむくみ」をとる効果的な方法

食事では、ヨーグルトとハチミツと大根を食べると効果があります。

ヨーグルトは、ビフィズス菌などの腸内環境を整える善玉菌を多く含み、オリゴ糖を含むハチミツはビフィズス菌を増やす働きがあります。もう1つの食材の「大根」は、水に溶ける水溶性食物繊維が豊富です。

イモ類や大豆などの不溶性の食物繊維は、便の体積を増やしますが、むくみ腸解消には水溶性の食物繊維の方が良いです。

水溶性の食物繊維が腸内で分解されると、腸内のビフィズス菌が元気になります。そして、ビフィズス菌の働きによってむくみ腸の改善が期待できると言います。

また、むくみ腸を改善するとっておきのエクササイズをご紹介します。

体操のやり方
①足を肩幅の広さに開く
②右手で肋骨の上をつかむ
③左手で肋骨の下をつかむ
④右回りに腰を5回まわす
⑤左回りに腰を5回まわす

1日5回~10回、合計で10分程度行う。

スポンサードリンク:

このエクササイズをしているうちに便意をもよおす人もいるくらい効果があるようです。


関連記事
サブコンテンツ

このページの先頭へ