太る原因は腸内のデブ菌が原因 デブ菌を減らす方法

スポンサードリンク

ちょっとしか食べないのに太ってしまう人と、いくら食べても太らない人がいます。同じ人間なのに、何が違うんだろうと思っていたところ、原因の一つに「デブ菌」があります。

デブ菌とは、腸内細菌のことで、腸内に、デブ菌が沢山いると痩せられないそうです。4月3日放送「バイキング」(フジテレビ)で、憎たらしいデブ菌の正体を暴いてくれました。

デブ菌とは、いったい何?

理化学研究所辯野先生によると、デブ菌とは、消化されたものを貯めこんでしまう腸内細菌で、デブ菌が多くいると太ってしまうそうです。最新の研究で、食べ過ぎ、運動不足のほか、肥満には腸内細菌が大きく影響していることがわかってきました。

デブ菌は感染するの?

大便移植という治療法で、痩せ型の母親に肥満体形の娘の便を移植したら母親は太ってしまったそうです。デブ菌は遺伝子が関係しており、親子なら感染しますが普通の人には遺伝しないそうです。

デブ菌は痩せてる人ももっている?

デブ菌はだれでももっています。しかし、どんな菌がデブ菌なのかは、まだよくわかってないそうです。理想的には、腸内のデブ菌と普通の菌の割合は、4:6だそうです。病気を増やすのも、予防するのも腸内環境次第だそうです。

スポンサードリンク:

デブ菌の検査

便を提出して生活習慣の問診を行います。そして2週間後の結果ができます、

お笑いのタイムマシーン3号の2人に検査してもらったところ、普通体型の山本浩司さんの場合は、デブ菌対ヤセ菌4:6の理想的なバランスでしたが、肥満気味の関太さんは、デブ菌対ヤセ菌7:3のデブ体質でした。

デブ菌(腸内細菌)の健康への影響は?

大腸は、大腸がん、大腸ポリープ、潰瘍性大腸炎など内蔵の中で、もっとも病気の種類の多いところです。病気を起こすのも予防するのも腸内細菌が影響していると言われており、腸内を良いバランスに保っておくことが大切です。

デブ菌をなくすことはできるのか?

デブ菌はなくすことはできませんが、減らすことができます。それには、野菜とヨーグルトを積極的に食べること、また、納豆が効果的だそうです。納豆菌は胃酸に負けずに生きたまま腸に届き、16時間で40倍にも増え腸内を整えてくれるそうです。

スポンサードリンク:

デブ菌でも納豆が出てきましたね。とにかく、1日1回、納豆を食べると健康になるのは間違いないようです。


関連記事
サブコンテンツ

このページの先頭へ