8時間ダイエットを成功させる秘訣とは 駆け込みドクター

スポンサードリンク

2014年は、妖怪ウォッチに妖怪体操が大ヒットしましたね。本当に1、2歳の子まで踊っていて「ラジオ体操」に変わるのではないかという勢いでした。

そんな影響もあるのかどうか、駆け込みドクターでは、「カスカス体操」なる体操を考案したようです。カスは、オードリー春日さんのカスのようで、拝見しましたがちょっと無理があるような気がします。^^;

とはいえ、年末と正月の飲み食い生活で、体重も数キロアップしてしまった人が多いのではないでしょうか。今は、健康な生活をするためには、食をどう選ぶか、どう制限するかがポイントです。

shokuji

そんな中昨年登場してきたのが「8時間ダイエット」。2014年にアメリカのハリウッドでブームになり、あっという間に日本に上陸しました。

8時間ダイエットとは、
①食事の時間を8時間以内に抑える
②1日8分の有酸素運動
③8種類のスーパーフードから1日2種類以上を食べる
というものです。

つまり、栄養のバランスを考えながら1日の中で16時間、何も食べない時間をつくり胃や腸を休めることでダイエットしやすい体をつくります。でも、日常生活の中で8時間以内での食事という制限は、結構難しい条件です。

スポンサードリンク:

そこで、どうすれば8時間ダイエットを成功させることができるのか、駆け込みドクターでそのコツを教えてくれます。今年こそは・・と思っている方は、しっかりチェックしてください。。

8時間ダイエットとは16時間のプチ断食

8時間ダイエットというのは、実は16時間のプチ断食です。16時間食べてないと新しく糖質が供給されていないため、食べてない時間に脂肪が燃焼されます。

また、8時間の間に食事をするということは、食べている時間を入れると約3時間ごとに3食食べることになるので、そんなに大食いしなくなるそうです。

番組では、36歳の2児の主婦と51歳の専業主婦にトライしてもらいました。

実施した時間は
・11時(1食目)14時(2食目)19時(3食目)

・10時(1食目)14時(2食目)17時(3食目)

の食事のパターンで1週間実施してもらいました。

ポイントは、食物繊維の多い豆やナッツを取り入れると、腹持ちが良くなり栄養の吸収もゆっくりするそうです。
また、水分を十分に飲むこと。水分をとると空腹もやわらぎます。水だけで太ることは絶対にないので、安心してしっかり水分補給をしてくださいとのことです。

1週間実施してもらった結果は、
36歳主婦 体重56.4kg→54.3kg(-2.1kg) お腹周り82cm→72.7cm(-9.3cm)

51歳主婦 体重59.4kg→57.9(-1.5kg)

8時間ダイエットは1週間で2kg前後の効果があるようです。それにも増してウエストがスッキリするのはうれしいですね。

スポンサードリンク:

8時間は何を食べてもいいとのこですから、1度はトライして自分で効果を確かめてみたいですね。

その際は、水分だけはわすれずに。


関連記事
サブコンテンツ

このページの先頭へ