大腸がんを防ぐ「葉酸」の多い食品は「海苔」1日に必要な枚数は?

スポンサードリンク

近年、死亡数が多かった胃がんを抜いた「大腸がん」。男性にも女性にも多いがんですね。

大腸の細胞の遺伝子が傷つくと大腸ポリープができます。そのポリープが悪化すると大腸になります。

2cm以上のポリープがあると、6割以上ががん化すると言われています。

愛知県がんセンター研究所の松尾恵太郎先生は、葉酸という栄養素をとることで、大腸がんのリスクを3割程度減らせることができると言います。

愛知県がんセンター研究所の研究によると、葉酸を摂取すると、遺伝子の傷を修復し、ポリープ・がんの発生を抑えることが分かりました。

また、葉酸は、妊婦さんのビタミンとも呼ばれ、健康な赤ちゃんを産むために重要な成分です。

葉酸は、葉物の野菜に多く含まれていますが、これより格段に多く含まれているのが、「海苔」です。

海苔

海苔は、秋から収穫される一番海苔と言われる海苔が柔らかく口どけが良いそうです。

一番海苔は、他のノリに比べて葉酸が1.5倍も含まれています。

大腸がんの元になる大腸ポリープができやすいかどうかは、葉酸濃度と関わっています。

血液中の葉酸濃度が、8ng/ml以上あると、大腸ポリープの頻度が、女性は約2割減り、男性は約5割減ります。

6ng/ml未満だと、大腸ポリープの頻度が1.4倍に増えてしまいます。

気になる人は、一度葉酸の血中濃度を調べてみると良いですね。

スポンサードリンク:

海苔の産地の佐賀県の人で、良く海苔を食べる人で検証した結果、男性も女性も、血中の葉酸濃度が非常に高いことが分かりました。

葉酸を多く含む海苔ですが、その海苔をよく食べる家庭では、朝食に3人で大きなサイズの海苔を7枚も食べていました。

その後、昼食も夕食も、海苔を大量に食べています。佐賀県では、お刺身を海苔で巻いて食べるのが一般的だそうです。

葉酸は、ビタミンB6、ビタミンB12を多く含む魚介類と一緒に食べると働きがより円滑になると言います。

ビタミンB6を多く含む魚は、むろあじ、いわし、まぐろ、かつお等です。

ビタミンB12を多く含む魚は、牡蠣、赤貝、さんま、いくら等です。

大腸がん予防の効果的な葉酸の摂取量は、400μgです。

日本人の1日の平均摂取量は、280μgです。この足りない120μgを摂るためには、8切りの場合1日16枚食べると不足分を補えるそうです。

※8枚切りの16枚は、海苔2畳に当たります。

海苔は、味付け海苔で食べると塩分取り過ぎになる可能性があるので、焼き海苔で食べるのが理想ですね。

また、海苔は、大腸がんのほか、食道がんやすい臓がんにも効果があると言われています。

海苔なら、大量に食べても太る心配はないし、調理しなくても食べられるのはありがたいですね。

しかし!これを実践しようと、海苔を食べてみたのですが、まったく続けることができませんでした。

毎日海苔を2畳食べ続けることは、なかなか難しかったです。1袋買ってきてもすぐに無くなりますしね。

スポンサードリンク:

海苔を食べ続けることができない人は、サプリメントで葉酸を摂るのも手軽でおススメの方法です。


関連記事
サブコンテンツ

このページの先頭へ