温めたスポーツドリンクを飲めば風邪はすぐに治る

スポンサードリンク

スポーツドリンクは、体液に近い成分でできているため身体への吸収が早く、とっても効果的。名前の通り、汗をかいてスポーツするときは、手放せない存在になりましたね。

私たちの若い頃は、運動中は水を飲むな、うさぎ跳びをしろ、体力は根性だ・・の世界でしたね。今そんなことを言ったら大変なことになってしまいますよね。

最近では、病気の時にスポーツドリンクを飲んでいる人が多いですよね。下痢の時や熱を出しているときなど、水分を補給にはスポーツドリンクが最適です。スポーツドリンクも、各社色々なものが発売されていますが、一番体液に近いのはポカリスエットだと言われています。

風邪対策

意見が分かれてるのが、薬はスポーツドリンクで飲んでもいいかということ。飲むと吸収が早いという人と、ダメという人と別れますよね。スポーツドリンクには、ミネラルのカルシウムが含まれているため、薬によっては成分を弱めてしまったり、強めてしまったりしますので、薬を飲むときは水で飲んでくださいね。

意外にも風邪などのときは、スポーツドリンクを温めて飲むといいそうです。高熱の時は、冷たいほうが美味しく感じられますが、温めて飲むと体内への吸収も早く、身体も温まり風邪の治りも早いそうです。

温める温度は、40度位の体温に近い状態がいいそうです。温めるときは、安全のため別の容器に移して温めてください。

1月13日放送のTBSの「林修の今でしょ!講座」は、「名医が教える風邪の治し方&予防法」。風邪のときスポーツドリンクを温めて飲む方法や、高熱のときの効果的な冷やし方、セキの止まる寝方、うがい術、昔ながらの首にネギの真偽など風邪対策のすべてを教えてくれました。

スポンサードリンク:

ここから 林修の今でしょ!講座 番組内容です。

●温めてスポーツドリンクを飲む
体温を上げることで、ウィルスの抵抗力を高まり、体液に近いため発熱で弱った体に栄養を効率よく補給できます。また、温めることで、血液の循環がよくなり身体中を白血球がめぐりウィルスへの抵抗力を増すことができます。

飲むタイミングは、一番体温が低い時朝起きたときが効果的です。温める温度は、体温より高く触って暖かいと思うくらいでいいそうです。

●風邪を引いていてもフロに入っていい
体力はあり高熱でなければフロに入るのは良いそうです。熱が高熱39度のときは避けたほうがいいそうです。

●首にネギを巻くと風邪にいい
焼いたネギを首にまくと、ネギの中に入っているアリシンという成分が気化して殺菌効果が期待できます。

●おかゆをよく噛んで食べる
おかゆをよくかんで食べると胃腸の負担が少なくなります。また、おかゆには水分が多く含まれているため胃への負担が少なく本来は消化にいいそうです。梅干し、ショウガ、ネギ、にんにくなどをトッピングするとなお効果的です。

●生姜紅茶を飲むと風邪が早く治る
ショウガの温め効果と、紅茶テアフラビンの殺菌効果で風邪の治りを早めてくれます。

●風邪をひいたときは、冷たいものを食べない
冷たいものは、体を芯から冷やしてしまいます。

●焼いたみかんを食べる
焼くことにより甘みがでます。ビタミンをあまり損なわず摂取できます。

●緑茶でうがいをすると風邪が治る
風邪の予防にも引いてからにも効果があります。カテキンに殺菌作用があり、新たなウィルスや細菌が侵入しにくくなります。70℃以上の高温でお茶を入れた後、冷ましてからうがいをすると効果的です。

●うがい薬のあとは水でもう1回うがいをする
うがい薬は殺菌効果が強いので、強い感染のときはうがい薬が良いそうです。
しかし、うがい薬は、のどを渇かしやすいので最後は水でうがいをして潤いを保ってください。

●高温のときは、おへの上を冷やす
おへの下には、身体の一番太い血管の大動脈があります。ここを直接冷やすことで体温を一気に冷やすことができます。その他、わきの下や足の付根を冷やすのが効果的です。反対に体を温めたいときは、おへの上にカイロをはるのが一番だそうです。冷え性の女性の方にはオススメです。

●横をむいて寝る
起きているときは、気道がひらいて呼吸がしやすいのですが、寝てるときは呼吸が苦しくなってしまいます。
横向きになると気道が自然に外にむき、呼吸がしやすくなります。また、マスクをして寝ると自分の息の湿気でのどや鼻の粘膜を潤すことができます。

●鼻水が詰まって眠れないときは、頭を上げて寝る
3冊くらいの本を枕の下に入れて寝ると、楽にねれます。理想的な角度は頭の角度を30度にするのは理想的だそうです。

●たまご酒を飲んで寝ると早く治る
お酒を煮立てアルコールを蒸発させ、溶いたたまごを入れたまご酒をつくり、煮詰まらないうちに飲むとよく眠れ治りが早くなります。
理由は、アルコールにより体が温まり眠気を誘い、卵の高い栄養価と白身に含まれるシゾチームで炎症を抑えます。

スポンサードリンク:

名医がやっている風邪対策、ちょっとしたことですけど大変役にたちますよね。こうやってお医者さんは風邪を予防して、病気の私たちを治療をしてくれたんですね、感謝です。


関連記事
サブコンテンツ

このページの先頭へ