頭や手、声が震える病気は本態性振戦かも 泉ピン子さんの頭が揺れてる?

スポンサードリンク

泉ピン子さんについて、最近「頭が小刻みに揺れている・・」という記事が目につきます。

2016年頃から「渡る世間は鬼ばかり」などの番組を見て、視聴者が異変に気がついて投稿しているようです。

「顔色が悪いのでは・・」「滑舌がおかしいような・・」「頭が小刻みに揺れているかも・・」などの声も、ネット上に飛び交うようになりました。

そのような症状の可能性として指摘されるのが、「本態性振戦(ほんたいせいしんせん)」という病気です。

震え

手や頭が小刻みに動く本態性振戦とは

本態性振戦は、手が細かく震えたり首が震えたり、声が震えたり頭部が震えたりする病気ですが、原因は不明とされています。

交感神経が過剰に興奮して、筋肉の収縮と伸展のリズムが同期してしまうために、震えが起こっているとも言われています。

病気というよりは体質的なものとも言われており、家族性もあるようです。

本態性振戦では、以下のような症状を示します。

  • 手が震え文字がうまくかけない
  • コップで水を飲む時こぼしてしまう
  • 箸で震えてうまくつかえない
  • 緊張したときに声にふるえる
  • 頭が小刻みにふるえてしまう

本態性振戦の場合、症状が悪化することはほとんどなく、どちらかと言うと長寿となる家系だそうです。

日常生活に問題がなく、あまり気にならなければ治療しなくても大丈夫ですが、気になる場合には「ベーター遮断薬」という高血圧や狭心症に使う薬を処方してもらいます。

本態性振戦によく似た震えがおこる病気に、パーキンソン病があります。

パーキンソン病は、脳の中の神経伝達物質であるドーパミンが減少して、運動の調整がうまくいかなくなる病気です。

同じように手足に震えが起こります。パーキンソン病を患っている方は、日本全国で10万人以上いると言われています。

スポンサードリンク:

本態性振戦とパーキンソン病の見分け方

本態性振戦とパーキンソン病の見分け方が、「日本臨床内科医会」のサイトに紹介されていました。

本態性振戦 パーキンソン病
発病しやすい年齢 中高年に多いが若い人に起こることもある 中高年に多い
ふるえが起きる部位 手(指先や腕)、頭(横に揺れる)、声 手、足
ふるえの特長 動作しているときや、特定の姿勢をとったときにふるえがでる 安静にしているときにふるえがでる
書字について 文字は上手に掛けない 線が流れてしまう 書いている文字が次第に小さくなる
ふるえ以外の症状 なし 肉がこわばったり、動作がゆっくりになったり、歩く時に足がすくんだりする
病気の経過 ほとんど進行しない 長い年月のうちに少しづつ進行する

参考
日本臨床内科医会 わかりやすい病気のはなしシリーズ24「本態性振戦」
~手や頭、声のふるえが気になる方へ~

その他、震えの起こるものとして、甲状腺機能亢進性(バセドウ病)や、脳卒中、アルコール依存症などの病気の可能性があります。

スポンサードリンク:

手足や頭、声などが震えて気になる方は、一度しっかり診察してもらってくださいね。

ピン子さんの場合は、旦那さんがお医者さんですから大丈夫だと思います。


関連記事
サブコンテンツ

このページの先頭へ