二日酔いしない食事法と名医がやっている脂肪肝対策

スポンサードリンク

冬は、食べ過ぎと運動不足で肝臓が弱るリスクが高まります。それを放おっておくと脂肪肝になり、いろいろな病気のリスクを高めることになってしまいます。

seke

どうすれば弱った肝臓を元気にできるか、林修の今でしょ!講座で紹介してました。

林修の今でしょ!講座の内容

今、成人の3人に1人が脂肪肝と言われています。脂肪肝になると突然死のリスクが35.8倍になってしまいます。

肝臓は、栄養素を脂肪にして蓄える働きがあります。冬は、食べ過ぎと運動不足で肝臓は弱ってしまい脂肪肝になる可能性が高くなってしまいます。

内臓脂肪は、内臓の回りに脂肪がつきますが、肝臓の脂肪は肝臓の組織が脂肪に入れ替わってしまうためやっかいです。脂肪肝患者数は、30年間で3倍も増えているそうです。

実は、太っている人ばかりでなく痩せている人も脂肪肝になっています。それは、無謀なダイエットをしている人。ダイエットでタンパク質が不足すると、肝臓から脂肪を運びだせなくなってしまいます。

スポンサードリンク:

また、フルーツの果糖は、脂肪肝の脂となって溜まりやすいそうです。肥満、高血圧、糖尿病、高脂血症は死の四重奏と言われ、脂肪肝になりやすくなります。

脂肪肝になると、突然死の起こるリスクは、なんと35.8倍に高まってしまうそうです。

肝臓は復活する臓器ですから、脂肪肝対策をしっかりすることが大切です。

名医がやっている脂肪肝対策

●高カロリーな大好物は、昼の2時に食べる
脂肪を体にためる指令をだす、ビーマル1の分泌量が午後の2時付近で一番低いため、脂肪をためにくいそうです。

鮭フレークを毎日ちょこちょこ食べる

鮭には、中性脂肪の生成を抑え、脂肪の分解を促すDHAがたっぷりはいっています。

DHAは、他の魚にも入っていますが鉄分が多く含まれているため弱った肝臓にはあまりよくありません。

鮭には、鉄分がほとんどないため肝臓にはオススメ。鮭フレークを瓶に入れて持ち歩くと手軽に食べることができます。

スポンサードリンク:

名医がやっているお酒を飲むときの対処法

●お酒の飲む前に
しじみの味噌汁ではなく卵かけごはんです。卵の中のアミノ酸が肝臓の働きを助けてくれます。ただし熱を加えるとアミノ酸は変化してしまうため卵は生でないとだめだそうです。

●お酒を飲んでいるときは
飲んだお酒の量の1.5倍の水を飲む 酒の利尿効果があるため、あらかじめ水分を補給しておく。

●お酒を飲んだ後は
飲んだ後は1時間でも長く起きている。起きているほうがアルコール分解が早いので、アルコールが早く抜けます。


関連記事
サブコンテンツ

このページの先頭へ