PMDD 月経前不快気分障害は抗鬱剤が効く 心療内科へ

スポンサードリンク

月経前症候群(PMS)は、だいぶ認知され、生理前の辛い色々な症状として知識がだいぶ広がってきました。

PMSには、下腹部痛、腰痛、頭痛、便秘、下痢、吐き気、むくみ、肌荒れ、にきび、乳房痛などがあげられます。

足がむくんで靴がきつい、腫れぼったい顔になる、おなかがパンパンに張った感じがする、など思い当たる人もいるのでは。

また、精神的には、イライラする、気分の落ち込む、不安になる、わけもなく涙がでる、集中力低下、やる気が起こらない、不眠、過眠、過食、人と話すのがおっくうになる、などがあげられます。

生理前はお腹がすいていくらでも食べられると言う人も いますよね。

スポンサードリンク:

このような症状は、多かれ少なかれ経験する人はいますが、これらの症状が重く、生活に支障をきたす場合は、薬で治療します。

婦人科で、低用量ピルや漢方薬を処方してもらい服用すると随分楽になります。

ところが、生理前になると、まるでウツ状態なり、生活に支障をきたす場合があります。これをPMDD(月経前不快気分障害)と言います。

PMSは知っていても、PMDDは知らないという人がまだまだ多くなんで生理前だけ「ウツ」になるのか分からず悩んでいる人もいます。

この場合、普通のうつ病と違い、生理が始まると症状は治まります。治療には抗鬱剤を使用します。抗鬱剤と言うと、抵抗がありますが、普通のウツ患者と違い、生理前だけ服用します。

生理前のつらい時期だけの服用で、精神症状が改善するので、飲んでよかったという人が多いようです。

スポンサードリンク:

PMSの治療は、婦人科が主ですが、PMDDの場合は、婦人科より心療内科のほうが、より適切な投薬が行えるようです。生理前のウツ状態でお悩みの方は、PMDDかどうか一度心療内科の受診をおススメします。


関連記事
サブコンテンツ

このページの先頭へ