更年期高血圧 低血圧のはずが高血圧に

スポンサードリンク

血圧をはかると、いつも100前後の数字で、自分では低血圧と思ったいた人が、いつの間にか高血圧になっている人が増えているようです。

このような人は、40代~50代の中高年女性に多く、原因となっているのが、女性ホルモンの減少です。

実は、女性ホルモンの一つエストロゲンには、動脈硬化や高血圧を抑える成分が含まれています。

血圧測定

そのため、40代を過ぎて女性ホルモンが減ってくるにつれ、血圧を下げる効果も減少し、少しづつ血圧が上がっていきます。

また、更年期には、自律神経が乱れ血圧が不安定になるので、健康診断だけの計測では、なかなか発見できません。

特に、「自分では低血圧だから・・」と思っていた人は、血圧を気にすることもないので特に危ないといいます。

スポンサードリンク:

高血圧になると、動脈硬化が進み、心臓や脳の病気へと発展してしまいますので、更年期の一時的なものと思わず、しっかり治療することが必要だといいます。

そこで、更年期高血圧のチェック法を教えてくれます。

女性ホルモンの減少で更年期高血圧に

年齢とともに、高血圧患者は増加していきます。その原因となっているのが、女性ホルモンの減少です。

以下のような人は、更年期高血圧になる可能性が高いので注意が必要です。

●更年期高血圧チェック
・妊娠時に血圧が高かった
・睡眠に関する悩みがある
・大量にお酒を飲む
・ホットフラッシュがある
・旦那の行動にイラッとする

そのほか、性格や生活の中でも高血圧になりやすいことがあります。

●高血圧になりやすい性格の人
競争心が強い、せっかち、怒りっぽい、完璧主義
(タイプAの性格)の人は、心筋梗塞リスクが1.5倍高い。

このタイプAの人は、ストレスを強く感じ循環器へ負担をかけてしまうため、血圧が上昇してしまうそうです。

●日常生活で血圧があがるとき
・車の運転
・高温サウナ
・冷房の効きすぎ
・トイレの我慢
・腕立て伏せ

●時間帯により高血圧に
・早朝高血圧朝・・
一番の原因は塩分のとりすぎ。その他、糖尿病や睡眠時無呼吸症候群などが原因になってます。

さらに、目覚めにより自律神経がONになるため血圧が一気にあがります。

心筋梗塞発作は、起床1時間以内が、一番多いそうです。目覚めの一服はとても危険ですから、喫煙習慣のある人はやめてくださいね。

スポンサードリンク:

高血圧は、1つの要因でなく、いろいろな条件が重なっているんですね。私たちの年代は、高血圧になりやすい時期なので、気をつけて生活しましょう。


関連記事
サブコンテンツ

このページの先頭へ