琴欧洲親方に糖尿病疑い ヨーグルトの効果は?私の何がイケないの?

スポンサードリンク

琴欧州関は、欧州のイケメン力士として相撲界を支えてきました。最高位は東大関、幕内優勝1回の成績を残しました。

2010年に日本人女性と結婚し、現在1児のパパです。2014年1月には日本国籍を取得、「安藤カロヤン」という名になったそうです。2014年3月に、現役を引退しました。

身長202cmのスラっとした体形、彫りが深くハンサムな力士として女性ファンもとっても多い方ですよね。

優勝の時に来日していた、ブルガリアの両親との会話でも、とっても真面目で、思いやりのあるやさしい方ということがわかりますよね。

今は、親方業として頑張っている琴欧州ですが、健康診断で、なんと糖尿病の恐れが見つかったようです。

スポンサードリンク:

体重を増やすことが大切な相撲の世界では、私たちには信じられないくらい、たくさんのご飯を食べます。

白米には、炭水化物がたっぷり入っていて、血糖値をあげる要因となります。でも、勝負に勝つには体重増は大きな武器となります。

現役の時は、お米が大の苦手でしたが、泣く泣くお米を食べて体重を増やし成績を残していたそうです。

琴欧州親方の出身地はブルガリア。ブルガリアと言えば、ヨーグルトですよね。

子供の頃には、毎日2キロのヨーグルトを食べていたそうです。

お相撲さんの場合、糖尿病になりやすいタイミングは引退直後。食事量はあまり変わらないのに、運動量が極端に減ってしまうので、糖尿病になるリスクが極端に高まるそうです。

そこで、3歳年上の奥さんと2歳のかわいい息子のため、糖尿病検査を受けました。

検査したのは、血液検査、頭部・上半身のCT、MRI、心臓の超音波検査。そしてその結果は、血糖値は正常値の80という、驚きの結果でした。

琴欧州親方の生活を覗いてみると、その横にはやっぱりヨーグルトがありました。食べ方も豪快、ヨーグルトを上下にシェイクして液体にして、そのままごくごくと20秒で飲んでしまいます。

実は、ヨーグルトは糖尿病の発症リスクを大きく減らす効果があることが、2014年に英ケンブリッジ大学の研究チームから発表されました。

ヨーグルトや低脂肪の乳製品を、週4、5回食べると、2型糖尿病の発症リスクを24%低下させる効果があるそうです。

ヨーグルトで育った琴欧州が、日本のお米文化でも糖尿病にならなかったのは、やっぱりヨーグルトを食べていたお陰だったんですね。

これからは、大好きなヨーグルトを好きなだけ食べれるわけですから、きっと、体もどんどんスリムに健康になっていくんだと思います。

スポンサードリンク:

琴欧州親方が髷をおとし、スリムになったらきっと、スティーヴン・セガールみたいに格好いいでしょうね。

琴欧州引退断髪式は、平成26年10月4日だそうです。


関連記事
サブコンテンツ

このページの先頭へ