肌の老化の原因、糖化を防ぐ方法と肌を若返らせる顔ヨガ 

スポンサードリンク

年齢を重ねれば、多少のシワやしみ、くすみは、しょうがない・・ですよね。

でも、なんとかしたい・・その思いで、いろいろ試してみるのですが、なかなか効果がでてきません。

おそらく改善効果より、老化のスピードが勝ってしまっているんでしょうね。

お肌の老化の最大の原因は紫外線ですが、「糖化」の影響もかなり大きいようです。

糖化とは、体内にある「糖」とタンパク質や脂質が結びつく現象です。

糖化が起こると、老化を促進させる物質である「糖化生成物」(AGEs)が生成されます。

そうすると、
・シワ・たるみが増える
・肌全体が黄色くくすむ
・肌のハリや弾力がなくなる
・肌がごわつき乾燥する

など、お肌にダメージを与えてしまいます。

糖は、毎日の食事から摂取され体のエネルギーとして大切なものですが、とりすぎに問題があります。

駆け込みドクターでは、友利先生が、糖化を防ぐためのポイントと、肌年齢を若返らせてくれる「顔ヨガ」教えてくれました。

スポンサードリンク:

糖化年齢を下げる方法

糖化は老化と言われているように、糖化が進んでいる人は、シワやタルミが多く、年齢より老けて見えるそうです。

シワやたるみの原因は、糖とたんぱく質が体温で加熱され、老化促進物質ができるためです。

糖分の過剰摂取をする主な原因は、焦げ目のついた料理の食べ過ぎです。特に、揚げ物や焼いた肉のコゲは老化物質です。

糖化を抑制する方法としては、肉にレモンをかけて食べること。レモンに含まれるクエン酸が糖化を抑制すると言われています。

肉の料理法では、蒸す、茹でることが、糖化を抑制し、野菜から食べることがポイントです。

また、食後20分間の軽い運動も効果的です。

南デンマーク大学の研究によると、1826人の70歳以上の双子を追跡調査した結果、老け顔の方が年間死亡率が約20%上昇したそうです。

老化物質が増えると、肌や髪、骨の老化が促進します。高血圧や糖尿病などの生活習慣病を悪化させ、脳卒中や心筋梗塞、がんにつながる可能性もあります。

老化を防ぐには、揚げ物や焼いた肉のコゲを避け、またアルコールも老化の原因になりますので、程ほどにと言うことです。

スポンサードリンク:

しわ・たるみ対策 友利医師が指導する「顔ヨガ」

①鼻の下をのばすように口を開ける

②上を見る

③まぶしいものを見るように目を細める

1日5セット行います。

老化物質を抑制し、いつまでも若々しい肌でいたですね。


関連記事
サブコンテンツ

このページの先頭へ