あなどれない自律神経失調症の対処法と治すためのチョイス

スポンサードリンク

最近、イライラしたり、身体がだるい、眠れなくなったりしていることがありませんか。原因が思いあたらないけど、なんとなく調子が悪い、そんな人は自律神失調症かもしれません。

でも、自律神経失調症ってどんな病気なのか、漠然として今ひとつ解りづらいですよね。

自律神経失調症は、交感神経と副交感神経の乱れによっておこります。自律神経は日中の活動的な行動に対応するときに、副交感神経は睡眠や休憩のときに活性化します。そのバランスが崩れると、肉体や精神面でいろいろな不調が現れてきます。

うつ

身体の不調は、疲労、だるさ、めまい、動悸、不眠、下痢、片頭痛、微熱などの肉体的症状や、不安感、気力低下、ゆつ、不安などの精神的症状が現れます。

自律神経失調症は、過度なストレスや、性格、体質、環境の変化、女性ホルモンなどが発症の原因になっていると言われています。

同じような症状に、うつ病や統合失調症、パニック障害のようなものありますし、女性の場合には更年期障害のようなものもありますから、よけいに分からなくなってしまうんですよね。

では、そんな症状があったときに、どう判断しどう対処すればいいのでしょうか。また、どんな病院でどんな治療をうければいいのでしょうか。

スポンサードリンク:

1月24日 Eテレ放送の「チョイス@病気になったとき」では、自律神経失調になったときの様々なチョイスを教えてくれます。また、自律神経失調症の原因ともなるストレスチェック法も紹介してくれます。

自律神経失調になったときのチョイス

●身体の不調が引き起こす自律神経失調症
耳の病気が原因で、自律神経失調症を起こしてしまうことがあります。その耳の病気とは、良性発作性頭位めまい症です。

耳には身体の平衡感覚を保つ機能があり、得た情報を脳に伝へ平衡感覚を保っています。そのため、耳の傾きセンサーが崩れると自律神経に影響をあたえ、身体の不調を起こしてしまいます。

その耳の病気とは、「良性発作性頭位めまい症」といい、自立神経失調症とは密接に関係しているそうです。

耳の病気からめまいがおこり、そのストレスから自律神経失調症となり、倦怠感や不眠などが悪化し、不安になります。その不安がさらにストレスとなり、自律神経がさらに乱れ・・と悪循環に陥って症状が悪化していきます。

このようなケースでは、元となる良性発作性頭位めまい症の治療が必要です。

●良性発作性頭位めまい症の治療法
・めまいリハビリテーション
・運動療法
・薬物療法

●めまいリハビリテーション
めまいリハビリテーションは、体操や運動をさせ、めまいをおこさせ脳に慣れさせることで治療します。リハビリ体操を1ヶ月位続けると、めまい・自律神経失調症の症状が改善してくるそうです。

治療は、4日5泊の入院で治療を行い、その後自宅で続けることで治療することができます。めまいリハビリテーションは、国立病院機構 東京医療センター耳鼻咽喉科で、費用は、入院4泊5日で6~7万円で受けられます。

めまいで身体の不調がある人は、一度耳鼻科で診療してみてください。

●こころの不調が引き起こす自律神経失調症
こころのストレスは、自律神経失調症となり、身体の不調をおこし、それが不安になって、またストレスになるという悪循環をおこします。

自律神経失調症の原因となるのは、仕事の量や、仕事の内容や質、対人関係が関係することが多いといいます。
また、女性の場合には、出産や更年期などで女性ホルモンが急激に変化するので、その落差でストレスが受けやすいそうです。

●ストレスの原因
・仕事・人間関係の悩み
・不規則な生活
・疲労
・出産
・更年期

ストレスチェックで、自分のストレスの状態がを確認することができます。
●ストレスチェック
①食欲がある
②夜良く眠れる
③喜びがある
④疲れた
⑤憂鬱だ
⑥不安だ
⑦緊張する
⑧ここ1週間体に起こる様々なことを気にする

上記の8項目を、まったくなし(5点)・少しあった(4点)・まあまああった(3点)・かなりあった(2点)・非常にあった(1点)で評価合計し、24点以上が、やや注意の黄色信号、32点以上はかなり危険の赤信号だそうです。

●自律神経失調症の治療
自律神経失調症の治療は、薬と、休養・生活改善を組み合わせて行います。

自律神経失調症の薬には、抗不安剤・抗うつ剤・睡眠薬・ホルモン剤がありますが、薬には薬物依存などの副作用がありますので注意が必要です。

●認知行動療法による治療
認知行動療法は、カウンセリングなど受け心のストレスを解消していく治療法です。
自分で不調の原因を客観的に見て明らかにすることで認識し、困っている心身の悪いところを改善していく行動をとることで治療します。

スポンサードリンク:

うつの患者さんは保険適用ですが、自律神経失調症の人は保険適用外で、1回5000円~1万円だそうです。
自律神経失調症の一つの目安として、食う、寝る、遊ぶがちゃんとできているかどうかがサインだそうです。


関連記事
サブコンテンツ

このページの先頭へ