肺炎予防!嚥下機能は40代から低下 のど仏運動で寿命を10歳延ばす

スポンサードリンク

肺炎は、身近によく聞く病気ですよね。

せきや、発熱、たん、だるさなど、症状が似ているため、風邪の延長線のように思われますが、全く違う病気です。

風邪は、上気道や気管支に炎症がおこるのですが、肺炎の場合は、肺の中に細菌やウィルスが入り炎症を起こします。

肺炎

肺炎は、日本人の死因の中で、がん、心疾患に続き第3位で、年間12万人の人が亡くなっているそうです。

特に、高齢者の場合は、誤嚥性肺炎に気をつける必要があります。

誤嚥性肺炎は、食事をしているときに誤って食べ物や唾液が肺に入ってしまい、炎症を起してしまうことで発症します。

65歳以上の高齢者の肺炎で死亡した人の、なんと96%が誤嚥性肺炎というデータもあるそうです。

誤嚥性肺炎は、食べ物を食べるときに、気管と食道を切り替える「嚥下(えんげ)」という機能が低下し、うまく働ないために起こります。

実は、嚥下機能の低下は、40代の頃からはじまっているそうです。しかし、のどを鍛えることで、嚥下機能を低下を抑えることができます。

もども、他の筋肉と同じように鍛えることで、機能を回復させることができるそうです。

スポンサードリンク:

耳鼻咽喉科医の西山耕一郎先生が、日本テレビ「世界一受けたい授業」で、のどを鍛える3つの運動を教えてくれました。

誤えんで苦しんでいるときの応急処置

のどに詰まったときの対応です。

①呼吸をしているかどうか確認します。

②椅子などに座らせて上半身を水平に前に倒します。

②背中をたたきながら咳をさせます。

④口の中に異物がないかどうか確認します。

上半身が立っている状態で背中をたたくと、逆に肺の奥に入ってしまいます。

また、水を飲ませるもムセてしまうので、よくないそうです。

つい、あわてて背中を叩いてしまいがちですが、上半身を倒して気道を水平にしない限り、叩いても異物はでてこないそうです。

間違った方法をしないよう気をつけましょう。

のどの飲み込み力チェック

ものを飲み込む力が衰えているかどうか、チェックする方法です。

① 上を向いて飲み込むとよくむせる
② 声をかけたのに無視されることが多い
③ 歩くスピードが遅くなった
④ 大きめの錠剤を飲みにくく感じる
⑤ 食事を終えた直後ガラガラ声になる

2個以上のチェックがある人は、喉の力が弱ってきているので注意が必要です。

誤えんの防ぎ方

①誤えんを起こしやすい人は、ドカ食い、早食いをする人です。

②口の中に溜め込んだまま、食べる人も危険です。

③飲み込む瞬間に上を向いていると誤えんが起こりやすくなります。飲み込む瞬間にうなずくとよいそうです。

④飲み込んだあとに、ビールを飲んだ後のように「あーっ」と息をはく。誤えんしたものもでてきます。

のどの筋肉が衰えているかどうかのチェック

①のど仏の位置がのどの真ん中より上にあればOK。のどの力が落ちてくると、のど仏も下に下がってしまいます。

②飲み込んだときに、のど仏が2cm以上上下するかどうかをチェック

女性にものど仏があります。いーと言って音程を上下させると喉の突起が動きます。

それでもわからない時には、またツバを飲み込んだときに上に2,3cm移動するとこがのど仏です。

西山先生オススメのど仏運動

あごも持ち上げ体操

①下顎に両方の親指を当てる

②あごを引きながら指で押し返す

③口を横に広げ(いーと言う)のど仏周辺に力をいれる

朝昼晩の食前 5秒を10回行います。

吹き矢トレーニング

①紙とセロハンテープを用意します。

②紙を直径2cm程度の丸めて筒をつくりセロハンテープで止めます。

③紙を丸めてセロハンテープで止め、吹き矢がわりにする弾をつくります。

④50cm先に置いた空のペットボトルに弾をあて、ペットボトルを倒します。

1日5分程度、楽しみながら行います。

ハイトーンカラオケ

高い音域の曲を歌うことで、喉の筋肉を鍛えることができます。

例えば、
・広瀬香美さんの「ロマンスの神様」
・オフコース
・その他、
・クリスタルキング「大都会」
・安室奈美恵さんの「CAN YOU CELEBRATE?]
・X-JAPAN「Foever Love」」のような曲だそうです。

スポンサードリンク:

私は、ピーナッツなどのナッツ類を食べると、かならず気管のほうに入ってしまいます。

きっと、喉の力が弱ってきている証拠だと思うので、大好きなナッツを食べるためにも、のど体操でしっかり鍛えてみたいと思います。


関連記事
サブコンテンツ

このページの先頭へ