ダイエット脂肪肝で老化ON C型ウィルス肝炎100%治療薬ハーボニー

スポンサードリンク

体重を気にしてダイエットに走る人が増えていますが、極端なダイエットを続けていると老化スイッチをONしてしまうので注意が必要です。

極端なダイエットが続けていると食糧不足と勘違いし、肝臓が筋肉を分解して脂肪を作り、肝臓にせっせと溜め込むようになります。

その結果、体重が落ちて見かけ細くなっても、肝臓がフォアグラのようになってしまうダイエット脂肪肝になってしまいます。

ダイエット肝炎

肝臓に脂肪がつくと毒素を分解する能力が減少し、肌荒れやシワが増えるなどの老化現象が起こるようになってしまうのです。

脂肪肝は、肝硬変、肝臓がんに進行するので注意が必要です。決して、無理なダイエットはしないようにしてください。

スポンサードリンク:

C型ウィルス肝炎の画期的な治療薬「ハーボニー」

肝臓がんの原因の8割はウィルスです。C型感染ウィルスが65%、B型肝炎ウィルスが15%、その他不明が20%といわれています。

肝臓がんの原因はお酒が原因だと思っていたのですが、ほとんどがウィルス感染だったんですね・・。ウィルス感染は、主に血液感染で起こります。

1992年2月以前に輸血を受けた人、ウィルスで汚染された注射器で予防接種を受けた人、感染した母親からの母子感染などがあります。

最近では、若い人のタトゥーやピアスにより、感染する人が増えているそうです。

ウィルス感染の治療は、これまではインターフェロンによるものが主でした。インターフェロンは、髪が抜ける、食欲がなくなる、だるい、体重が減るなどの副作用があり、それでも治らない人がいました。

しかし、アメリカで開発されたC型ウィルス肝炎治療薬「ハーボニー」の登場により、C型ウィルス肝炎はほぼ100%治療ができるようになりました。

ハーボニーを、1日1錠3ヶ月飲むだけで、ほぼ100%のウィルスを消滅させることができたそうです。ハーボニー1錠の値段は、なんと8万円。3ヶ月飲むと672万円かかります。

しかし、2015年9月より日本で保険がきくようになり、国から助成金がでて、月の自己負担金は1~2万円、3ヶ月で6万円で済むようになりました。

問題は、日本のドクターで、この薬の知らない人がたくさんいることだそうです。

スポンサードリンク:

ハーボニーによる治療は、専門医でないと処方が難しいので、感染がわかったら、必ず肝臓の専門医を訪ねて診断してもらい処方してもらってくださいとのことでした。

情報参照先:日本テレビ「世界一受けたい授業」


関連記事
サブコンテンツ

このページの先頭へ