30代女性15年間原因不明 足のしびれの原因 みんなの家庭の医学

スポンサードリンク

中高年になると手足のしびれを経験する人が増えますね。私も手足がしびれ、特に夜になるとしびれがひどくなります。手のしびれもあるので、頚椎のレントゲンを撮りましたが、問題ありませんでした。

原因不明の足のしびれ

手足のしびれの原因は、老化や糖尿病による末梢神経障害だったり、頸椎椎間板ヘルニアだったり、更年期障害や自律神経障害など様々です。また、原因の分からない「しびれ」もあるようです。

たけしのみんなの家庭の医学で紹介されていた30歳女性は、高校生の時から15年間も足のしびれに悩まされ、色々な検査をしても原因がわかりませんでした。

そこで、最期の望みを託し総合診療科の名医を訪ねたところ、その原因は、普段の生活の中にありました。彼女に限らず誰でもがやってしまいそうなその行為こそ、15年間も苦しみ続けてきた足のしびれの原因でした。

私は良く足を組む癖があるのですが、足を組む癖が長い人は、坐骨結節に周辺の血流が悪くなり足のしびれの原因になると聞いています。なるべく足は組まないようにしているのですが、癖なのでなかなか治せません。

また、足を組む以外にも、座る姿勢が悪いと足のしびれにつながるようです。みんなの家庭の医学で紹介された女性の足のしびれは何が原因なのでしょう。

スポンサードリンク:

番組で紹介された女性は、高校生の時に左足に違和感を感じました。その後15年間、左足の外側が冷たく慢性的にしびれ、右足と左足の感覚が全然違うそうです。

最近では、針でチクチク刺されている様な感覚があり、痛くて眠れなくなったり、寝ていたのに痛みで起きたりと痛みまで現れ、家事をするのもつらくなりました。

そこで、三重大学医学部附属病院 総合診療科 竹村洋典先生を訪ねました。総合診療科とは、どの科に行くべきか分からない患者さんや治療しても治らない病の原因を探る診療科です。

ここで詳しい診察を受けた結果、女性の病名が分かりました。それは、「異常感覚性大腿神経痛」と言う疾病でした。

異常感覚性大腿神経痛とは、太ももの感覚神経の異常でしびれや痛みを発症する病です。

しびれの原因は、
①脳の異常
②脊髄神経の異常
③脊髄から枝分かれしている神経の異常
があります。

脳や脊髄神経の異常から来るしびれは、身体の半分または下半身全体に及びます。

女性の場合は、左足太もものみなので、脊髄から枝分かれしている神経の異常と判断されました。また、この原因は2つに分かれます。

①脊髄に近い部分の異常は、椎間板や骨による圧迫が原因で画像診断ができます。
②末梢神経の異常は、原因は骨ではないため、画像診断はできません。

この女性は、脳や脊髄に異常がなく、左足の付け根に末梢神経の異常が認められたため、異常感覚性大腿神経痛と診断されました。

この疾病は、肥満大国アメリカに多く、肥満の人が無理にきついジーンズをはいたりすると起こると言われています。

長年のしびれに苦しんできた女性も、下半身を細く見せたいため、自分のサイズより細めのズボンを履くことが多かったといいます。

治療は、局所麻酔やステロイド注射などです。注射で治療をしながら、足の神経を圧迫するようなことをせず、痩せて、自分のサイズにあったズボンを履くことが改善につながります。

スポンサードリンク:

ピチピチのジーンズは、スタイルが良く見えるので、私も良く履きますが、無理して履くと神経を傷めることがあるのですね。気をつけたいと思います。


関連記事
サブコンテンツ

このページの先頭へ