100本の鍼で佐々木健介の腰痛治療 竹村文近先生|連絡先

スポンサードリンク

見るからにいかにも痛そうな鍼灸治療。私は、どちらかというと苦手意識があります。

その鍼を100本、多い時は200本近くも打つというから驚きです。そんなに打ったら、ハリネズミみたいになっちゃいますよね~。^^;

100本の鍼を操る竹村先生は、鍼灸界では超有名人。

2012年には「笑っていいとも」に出演して、腰痛に悩む笑福亭鶴瓶さんに鍼を打ち、腰痛から見事回復させ、全国から問い合わせが殺到したこともあります。

鍼治療

先生の話しによると、現代人の身体の質が低下しており水はけの悪い「鬱の身体」の状態にあるそうです。

針により身体の水はけをよくし、腎機能を高め尿の出をよくし新陳代謝を高めることで身体のバランスを整えていきます。

先生の治療では、鍼を打つ前や打っている最中にマッサージをし身体の状態を確認しながら、鍼を打っていきます。

スポンサードリンク:

現在は、新規のお客さんはとっていないそうで、分院である鍼灸四方宜(よもぎ)治療院で、先生直伝の治療法で診療できるそうでです。

■四方宜治療院の連絡先は・・
東京都中野区鷺宮4ー1ー6
TEL.03-3330-7639
*        *
ジャズ・ピアニストの山下洋輔さんも竹村先生に治療を受け、肩こりと腰痛がみるみる治り、楽にピアノがひけるようになったそうです。

竹村先生の元には、超有名人たちがお忍びで通ってくるそうです。

そこで、腰痛20年持ちの佐々木健介さんが、竹村先生の治療を受けました。

まずは、腰の温度とたったままズボンが履けるかをチェック。腰痛持ちの人は腰の温度が低いそうです

竹村先生は、100本の鍼を30分の超スピードで打ちます。より深いツボには鍼を最長8cm刺します。

腰痛を治すため、全身のツボに刺していきます。特に下肢の膝関節の裏とふくらはぎにツボがあり、ここをマッサージするだけで下半身が暖かくなり腰痛が緩和するそうです。

さらに、鍼先にお灸をつけ患部を温めます。最終的に健介さんは121本の鍼を打ちました。

治療結果、健介さんの腰は温まり、立ったまま履けなかったズボンも履けるようになりました。

●家庭でできる鍼灸治療
パッチ鍼と言われる小さな鍼のついたテープをツボに貼りその上からカイロで温めると効果がいいそうです。

スポンサードリンク:

先生の治療費は、30分で1万円だそうです。現在は、新規の治療は行っていないそうです。


関連記事
サブコンテンツ

このページの先頭へ