ざわちんエゴマ油を1ヶ月飲んでボロボロお肌がマイマス10歳回復

スポンサードリンク

ざわちんのメイク術は、本当にすごいですよね。女性ばかりでなく、SMAPメンバーに変身した時には、本当に驚きました。そっくりでしたものね。

そんなざわちんの悩みは、メイクのし過ぎでお肌がボロボロになってしまうこと。

化粧

メイク、洗顔の繰り返しは、お肌には過酷な条件ですよね・・・。とはいえ、ざわちんには、それが商売なのでどうしようもありません。

そこで、ボロボロになったお肌を簡単によみがえらせる方法を、TBS「私の何がイケないの?」で教えてくれました。

その方法とは、「エゴマ油」を飲むことです。エゴマ油には、αリノレン酸がたっぷり含まれています。

αリノレン酸には、血管をやわらかく若返らせる効果があります。血管が改善すると、体の隅々まで血液を十分に送り届けることができるようになります。

その結果、美肌、ダイエットなどの美容効果や、認知症予防、うつ病、歯周病、視力回復などの健康効果まであると言われています。

ざわちんが1ヶ月「エゴマ油」を飲み続けた結果、お肌ボロボロの肌年齢がマイナス10歳若返り、体重がマイナス5キロ減ったそうです。

ざわちんのエゴマ油お肌回復法が、「私の何がイケないの?」の番組内で公開されました。

ざわちんの美容健康法

ざわちんさんの美容法は、1日あたりたったの108円ですむエゴマ油を毎日夜寝る前の飲むことです。108円と言ったら缶コーヒーより安いですよね^^;

ざわちんは、今までモノマネメイクで肌を酷使してきました。現在、顔が火傷みたいに痛くなって、乾燥が激しく、小さいニキビがバァーと出ていました。

また、便秘で週に2回くらいしかお通じがないそうです。便秘で腸活動が鈍ると悪玉菌などの毒素が溜まり、肌荒れを引き起こします。

そこで、「わかばメディカルクリニック」の工藤医院長がざわちんの肌を詳しく診察。

水分値、油分値、明るさ、毛穴、きめ、シワ等10項目にわたりチェックしたところ、全てにおいて高い年齢になりました。

ざわちんは現在23歳ですが、総合的な肌年齢は36.5歳でした。

油分値は23歳の平均の半部以下で43歳、潜んでいるシミの数は平均の5倍で42歳と言う結果にざわちんもショックを受けていました。

スポンサードリンク:

エゴマ油美容法は、一般的には1週間から10日くらいで効果が表れるそうです。

ざわちんが1か月間えごま油を飲み続けた結果、肌年齢は総合で26.5歳に改善。

42歳と言う結果が出た潜在シミの数は30歳に、43歳と言う結果がでた油分値はなんと15歳と言う驚くべき結果になりました。

エゴマ油で腸活を行うと、お通じが良くなり、肌だけでなく体重も自然と減ります。

ざわちんは、52kgあった体重が1か月で48kgに、5kgの減量に成功しました。

便秘が改善し、お肌がきれいになり、その上体重も減るなんて、恐るべしエゴマ油ですね。

今は、スーパーなどで1200円程度で買えますので、ぜひ、実践してみてください。

ウォータースチーム 美腸レシピ

ここで、番組内で紹介された腸活に良い美腸レシピをご紹介します。

ウォータースチームとは、油を使わず、鍋に大さじ1杯の水を入れてフタをして蒸すだけの料理法です。

野菜などを油で火にかけて調理するとAGEと言う老化因子が増加し、お肌に良くないと言われています。

また、ウォータースチームは、野菜本来の甘みを引き出すことができる調理法です。

●木下流美腸レシピ

材料(2人分): 玉ねぎ1/2、ナス1本、キャベツ4枚、ニンジン1/2、水大さじ1杯、生姜、ニンニク、ニラ、塩麹、醤油麹、エゴマ油などのオメガ3オイル

①鍋に大さじ1杯の水を入れる
②切った野菜を鍋に入れる
③塩麹を小さじ2杯ほど加え、フタをして5分ほど弱火にかける
④仕上げに醤油麹を小さじ1杯加える
⑤仕上げにオメガ3オイル(エゴマ油など)を一回しかける

スポンサードリンク:

発酵食品である塩麹は乳酸菌が豊富で腸を綺麗にする働きがあります。毎日の食卓にぜひ加えたいですね。


関連記事
サブコンテンツ

このページの先頭へ