日本で買えるスーパーフーズ 2日間で血液サラサラに 世界一受けたい授業

スポンサードリンク

栄養価が高くバランスに優れたスーパーフーズは、今、世界中でブームですよね。

スーパーフーズと呼ばれている食品は
・チアシード
・マカ
・クコの実(ゴジベリー)
・カカオ
・ココナッツ
・スピルリナ
・アサイー
・カムカム
・ブロッコリースーパースプラウト
・麻の実(ヘンプ)
などがあります。

ココナツ
(写真はココナッツジュース)

最近テレビでは、南米原産のシソ科の植物、チアの種「チアシード」がよく紹介されていますよね。

なかなか手にはいらないと思っていたら、日本でも簡単に購入できるスーパーフードがあるそうです。

そのフードを食べると、血液もさらさらになるそうですから、高脂血症で悩む人(私もそうですが)は、毎日でも摂りたいとこです。

日本テレビ「世界一受けたい授業」で「2日間で血液サラサラにするスーパーフード」を教えてくれました。

2日間で血液サラサラにするスーパーフード「ゴールデンベリー」

ゴールデンベリーは、ペルーの標高の高い土地でとれる「ほおずき」の仲間で、貧血を予防する鉄分と、血液をさらさらにするビタミンEがたっぷり含まれています。

●ゴールデンベリーの血液サラサラ効果の実験
【材料】
・ゴールデンベリー20粒(ドライフルーツ)
・牛乳 200ml

これをミキサーにかけ1日2回、20代の男性に2日間飲んでもらったところ、ドロドロだった血液が、わずか2日間でさらさら血液に変身していました。

これは、ゴールデンベリーに含まれるビタミンEが血管を広げ血液の流れを改善する効果と、血液自体の老化を防止してくれる効果があるためです。

スポンサードリンク:

手軽に取れるスーパーフード

●日本で手軽に取れるスーパーフード「パセリ」
パセリはほうれん草に比べ、鉄分で約4倍、カルシウムで約6倍、ビタミンCが約3倍も含まれるスーパーフードです。

●アメリアで老化防止が期待されているスーパーフード「ダルク」
ダルクは、北大西洋、北太平洋でとれる海藻で、北欧諸国では古くから食べられていました。

抗酸化物質がたくさん含まれており、細胞の老化防止や動脈硬化を予防する効果があります。油で焼いて塩を振ると、なんとベーコンの味になるそうですよ。

●ダイエットが期待できるスーパーフード「アマランサス」
中南米原産の穀物「アラマンサス」は、紀元前4000年頃から食べられていました。ミネラルがたっぷりで、食物繊維はレタスの約7倍も含まれています。

体脂肪が増えにくくダイエット効果があります。食べ方は、米1合にアマランサス大さじ1加えて、炊きます。

●古代エジプトでも貴重な栄養食だった「タイガーナッツ」
ナッツといっても木の実ではありません。塊茎(かいけい)と呼ばれるジャガイモの仲間で、カヤツリグサの茎が土の中で膨らんだものです。

貧血予防の鉄分、血圧を正常に保つカリウムがたっぷりで、海外では古くから食べられていました。

スペインでは、飲みものとして摂っているようです。キウィやいちごなどのビタミンCと一緒に食べると、鉄分の吸収力がアップします。

【タイガーナッツミルクの作り方】
①タイガーナッツ50gを水に浸し一晩おく
②水200mlを加えミキサーをかける
③ガーゼで濾して飲む

タイガーナッツミルク+フルーツ+はちみつを加え、スムージーとして飲んでもOKです。

●トマトとアボガドの組み合わせで老化防止
トマトのビタミンCと、アボガドのビタミンEの組み合わせで、スーパーフーズになります。

いっしょに食べることで双方の老化予防効果を、さらに高め合うことができます。

●玉ねぎをぬかずけにしてスーパーフード
ぬかのビタミンB1と、玉ねぎの硫化アリルの組み合わせで、ビタミンB1の吸収力がぐ~んとアップします。

ビタミンB1には、集中力を高める効果があります。集中したい時の、4時間前に食べておくといいそうです。

スポンサードリンク:

ちょっと辛めですがシャキシャキして美味しいそうですよ。受験勉強のお子さんには、まさしくスーパーフーズですね。


関連記事
サブコンテンツ

このページの先頭へ