元宝塚 遼河はるひさんが実践する美肌キープ術とは ザ・シークレット検診

スポンサードリンク

遼河はるひさん38歳、宝塚時代の美しさ、スタイルも全然変わらず。さぞかし、身体のメンテナンスもしっかりしているのでは・・といこうとで遼河はるひさんの私生活をチェックです。

実は、退団から4年たち、今だ独身で、夜な夜な女子会を開き飲み歩いているそうです。でも、遼河さんのこだわり美容健康法がありました。

遼河さんのこだわり美容健康法

●髪をよくとかし美肌をキープ
宝塚時代から鏡の前にいることが多く、今でも鏡の前にいると落ち着くそうです。

そして、髪をよくとかすそうです。髪をとかすと頭の血行をよくなり顔色もよくなり、肌が引き上がってくるそうです。

スポンサードリンク:

●腰痛改善のためのストレッチ
宝塚を止めたときから腰痛がひどくなり、その対策として寝る前には、欠かさずストレッチをしているそうです。

でも、これは逆効果!腰痛の人は、ひねりる行為は厳禁です。ひねると椎間板を痛めてしまい症状をさらに悪化させてしまいます。

●水を飲みながらのウォーキング
運動不足を解消するため、なるべく歩いているそうです。

歩くときは、必ず水を飲みながら歩いているそうです。普通で1~2リットルは飲むそうです。

乳がんについて

乳がんは、乳房の大きな人のほうがホルモンが多く、なりやすいと思われていますが、それは間違い。大きさにはまったく関係ありません。

ポイントは、子供を出産するかどうかです。母乳がでると乳がんになりにくい乳腺になり、リスクが低下することが知られています。

乳房にエクボのようなへこみができるえくぼ症状(ディンプリングサイン)を見つけたら、即検査を受けてください。

遼河はるひさんも、独身ですからちょっと心配ですね。

スポンサードリンク:

鏡の前で両手を上げると「くぼみ」を見つけやすいので、お風呂上がりには毎日チェックしてみてくださいね。


関連記事
サブコンテンツ

このページの先頭へ