「太りやすい汗」をださない簡単入浴法 主治医が見つかる診療所

スポンサードリンク

汗には、なんと「やせる汗」と「太る汗」があるそうです。ヤセる汗は良い汗、太る汗は悪い汗だそうです。

体の調子を整え基礎代謝を維持していくためには、マグネシムやカルシウム鉄などのミネラル成分が必要となります。

ミネラルは、食事から摂取されるのですが、悪い汗をかくと、せっかく摂取したミネラルが、汗に溶けだして排出されてしまうそうです。

そういう悪い汗は、ベトベトしたツブの大きなだらだらと流れる汗です。

良い汗は、汗のツブが小さくサラサラしていて、汗本来の体温調整機能も正しく作用します。

ミネラルが汗で排出されてしまうと、体のバランスが崩れ、結果基礎代謝も下がり太りやすくなってしまうとか・・。

実はこの汗のかきかたに、コツがあるようです。

huro_R

お風呂は、リラックス効果や、自律神経を整えてくれたりいろいろな作用があります。

このお風呂でいい汗をかくことがポイントのようです。はたして「太りやすい汗をださない簡単入浴法」とはどんな入浴法なのでしょうか。

スポンサードリンク:

悪い汗は、太りやすい理由

①汗かきの機能の低下
汗腺のろ過機能が悪いためミネラルを再吸収できず、汗となって排出されてしまいます。

②休眠汗腺が増えてしまう
汗腺は400万個あるのですが、現代人は半分の汗腺が休眠しているといいます。その原因は、運動不足やエアコンと言われています。

悪い汗チェック

①汗がベトベトとしている
②大粒の汗をドッとかく
③汗をなめるとしょっぱい
④汗のニオイが臭い
⑤汗とかくと疲れやすい

いい汗がかけるようにするには、お風呂の入り方を工夫します。そうすればいい汗をかいて代謝がアップします。

いいおふろの入り方

①高温手足浴
42~43℃のお湯を浴槽の1/3程度いれる手と足だけつけて約10分。

②微温半身浴
38~39℃のお湯を浴槽の半分程度。みぞおちまでつけて約15~20分。長い時間の入浴で体の芯が温まります。

③お風呂あがりの乾燥
タオルで押させて水気をとります。うちわや扇風機で自然に乾燥させます。こうすると皮質と混ざり合い肌がしっとりさせることができるそうです。

スポンサードリンク:

風呂の入る前、風呂あがりには水分補給を忘れないようにしてくださいね。


関連記事
サブコンテンツ

このページの先頭へ