夏老けとは?ダメージを負った肌の意外な夏老け防止対策 NEWSアンサー

スポンサードリンク

夏老けと言う言葉をご存知ですか?

夏老けとは、猛暑、紫外線、エアコンによる乾燥、熱帯夜による不眠症など、過酷な夏に肌が疲れ果て、実際の年齢より老けて見られることです。

秋ごろからダメージが出はじめ、ひと夏で3歳年をとると言われています。

夏老け

夏フケを防ぐには、
1.ストレスを溜めない(上手にリラックスする)
2.バランスの良い食事
3.運動習慣
4.しっかり睡眠をとり、副交感神経を優位にさせる
5.肌の調子を整えるスキンケアを欠かさない
上記5項目ですが、これ以外の意外な方法があるそうです。

NEWSアンサーで紹介される夏老け防止の意外な方法とは、皮膚から美白成分を含んだ化粧品でスキンケアをするのはもちろんですが、ビタミンをたくさん含んだ野菜や果物をいっぱい摂ること。

そこでオススメのフルーツがバナナだそうです。バナナは、他のフルーツに比べて、美容ビタミンと言われる、ビタミンB2とビタミンB6がトップクラスで含まれています。

スポンサードリンク:

バナナを輸入する会社などが加盟する組合が、バナナを毎日2本、食べ続ける臨床試験を行いました。すると、4週間後の肌の水分と油分の量が、摂取前に比べて上昇したことがわかりました。

さらに、バナナは腸内環境をよくする働きがあり、腸内環境がよくなるとお肌も良くなるそうです。

特に暑い夏、汗をかくと水分が不足し、お通じが固くなり腸内環境が悪くなります。腸内環境が悪くなると、腸内の老廃物が全身に回り、お肌を悪くしてしまうそうです。

バナナに多く含まれる食物繊維やマグネシウムがお腹の調子を整え、健康的な肌につながるといいます。

スポンサードリンク:

夏老けは、スキンケアだけでなく、身体の中からのケアも心がけたいですね。


関連記事
サブコンテンツ

このページの先頭へ